Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第4章 システム登録およびサブスクリプション管理

Red Hat Enterprise Linux オペレーティングシステムと、そこにインストールされている製品は、サブスクリプションの対象となります。

Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) サブスクリプションを使用して、以下を追跡します。

  • 登録したシステム
  • システムにインストールされている製品
  • インストール済みの製品に割り当てられているサブスクリプション

4.1. インストール後のシステムの登録

インストールプロセス中にシステムを登録していない場合は、以下の手順に従って登録します。

前提条件

手順

  1. ワンステップでシステムを登録し、自動的にサブスクライブします。

    # subscription-manager register --username <username> --password <password> --auto-attach
    Registering to: subscription.rhsm.redhat.com:443/subscription
    The system has been registered with ID: 37to907c-ece6-49ea-9174-20b87ajk9ee7
    The registered system name is: client1.idm.example.com
    Installed Product Current Status:
    Product Name: Red Hat Enterprise Linux for x86_64
    Status:       Subscribed

    コマンドを実行すると、Red Hat カスタマーポータルのユーザー名とパスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。

    登録プロセスに失敗した場合は、システムを特定のプールに登録できます。これを実行する方法については、以下の手順に従います。

    1. 必要なサブスクリプションのプール ID を確認します。

      # subscription-manager list --available

      このコマンドは、使用している Red Hat アカウントで利用可能なサブスクリプションをすべて表示します。サブスクリプションごとに、プール ID を含むさまざまな情報が表示されます。

    2. pool_id を、確認したプール ID に置き換えて、適切なサブスクリプションをシステムに割り当てます。

      # subscription-manager attach --pool=pool_id