16.4. GCC での静的ライブラリーの使用

静的なライブラリーは、オブジェクトファイルを含むアーカイブとして利用できます。リンク後、それらは作成された実行可能ファイルの一部となります。

注記

Red Hat は、さまざまな理由から静的リンクを使用することは推奨していません。「静的リンクおよび動的リンク」を参照してください。静的リンクは、特に Red Hat が提供するライブラリーに対して、必要な場合にのみ使用してください。

前提条件

注記

Red Hat Enterprise Linux に含まれるライブラリーのほとんどは、動的リンク用としてのみサポートされています。以下の手順は、動的リンク用に 有効にされていない ライブラリーに対してのみ有効です。「GCC での静的および動的ライブラリーの両方の使用」を参照してください。

手順

ソースとオブジェクトファイルからプログラムをリンクするには、静的にリンクされたライブラリー foo (libfoo.a ファイルとして検索可能) を追加します。

  1. コードが含まれるディレクトリーに移動します。
  2. foo ライブラリーのヘッダーで、プログラムソースファイルをコンパイルします。

    $ gcc ... -Iheader_path -c ...

    header_path を、foo ライブラリーのヘッダーファイルを含むディレクトリーのパスに置き換えます。

  3. プログラムを foo ライブラリーにリンクします。

    $ gcc ... -Llibrary_path -lfoo ...

    library_path を、libfoo.a ファイルを含むディレクトリーのパスに置き換えます。

  4. 後にプログラムを実行するには、以下のコマンドを実行します。

    $ ./program
注意

静的リンクに関連付けられる GCC オプション -static は、すべての動的リンクを禁止します。代わりに -Wl,-Bstatic オプションおよび -Wl,-Bdynamic オプションを使用して、リンカーの動作をより正確に制御します。「GCC での静的および動的ライブラリーの両方の使用」を参照してください。