Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第9章 コンテナーアプリケーションの開発のための設定

Red Hat は Red Hat Enterprise Linux、Red Hat OpenShift などの Red Hat 製品をベースとするコンテナーアプリケーションの開発をサポートします。

  • Red Hat Container Development Kit (CDK) には、単一ノードの Red Hat OpenShift 3 クラスターを実行する Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンが同梱されます。OpenShift 4 はサポート対象ではありません。『Red Hat Container Development Kit Getting Started Guide』の「1.4 章 Installing CDK」を参照してください。
  • Red Hat CodeReady Containers (CRC) は、ローカルコンピューターに最小限の OpenShift 4 クラスターを提供し、開発およびテスト目的として最小限必要な環境を提供します。CodeReady コンテナーは、主に開発者のデスクトップ上での実行を目的としています。
  • Red Hat Development Suite は、Java、C、および C++ でのコンテナーアプリケーションの開発に使用する Red Hat ツールを提供します。このスイートには、Red Hat JBoss Developer StudioOpenJDKRed Hat Container Development Kit や他のマイナーなコンポーネントが含まれています。DevSuite をインストールするには、『Red Hat Development Suite Installation Guide』の説明に従ってください。
  • .NET Core 3.1 は、OpenShift Container Platform バージョン 3.3 以降で実行される高品質のアプリケーションを構築するための汎用開発プラットフォームです。インストールおよび使用方法については、『.NET Core Getting Started Guide』の 第 2 章「Using .NET Core 3.1 on Red Hat OpenShift Container Platform」を参照してください。

関連資料