15.2. ソースファイルのオブジェクトコードへのコンパイル

オブジェクトコードファイルを、実行可能ファイルから直接作成するのではなく、ソースファイルから作成するには、GCC で、オブジェクトコードファイルのみを出力として作成するように必要があります。このアクションは、大規模なプロジェクトのビルドプロセスの基本操作となります。

前提条件

手順

  1. ソースコードファイルが含まれるディレクトリーに移動します。
  2. -c オプションを指定して gcc を実行します。

    $ gcc -c source.c another_source.c

    オブジェクトファイルは、オリジナルのソースコードファイルを反映したファイル名を使用して作成されます。source.csource.o になります。

    注記

    C++ ソースコードの場合は、標準 C++ ライブラリーの依存関係を処理しやすくするために、gcc コマンドを g++ に置き換えます。

関連情報