17.4. GCC および ar での静的ライブラリーの作成

オブジェクトファイルを特別なアーカイブファイルに変換して、静的にリンクするライブラリーを作成できます。

注記

Red Hat は、セキュリティー上の理由から、静的リンクを使用することは推奨していません。静的リンクは、特に Red Hat が提供するライブラリーに対して、必要な場合にのみ使用してください。「静的リンクおよび動的リンク」を参照してください。

前提条件

手順

  1. GCC で中間のオブジェクトファイルを作成します。

    $ gcc -c source_file.c ...

    必要に応じて、さらにソースファイルを追加します。作成されるオブジェクトファイルはファイル名を共有しますが、拡張子は .o を使用します。

  2. binutils パッケージの ar ツールを使用して、オブジェクトファイルを静的ライブラリー (アーカイブ) に変換します。

    $ ar rcs libfoo.a source_file.o ...

    libfoo.a ファイルが作成されます。

  3. nm コマンドを使用して、作成されたアーカイブを検証します。

    $ nm libfoo.a
  4. 静的ライブラリーファイルを適切なディレクトリーにコピーします。
  5. ライブラリーにリンクする場合、GCC は自動的に .a のファイル名の拡張子 (ライブラリーが静的リンクのアーカイブであること) を認識します。

    $ gcc ... -lfoo ...

関連資料

  • ar ツールの Linux man ページ:

    $ man ar

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。