第4章 アプリケーションをデバッグするための設定

Red Hat Enterprise Linux では、内部のアプリケーションの動作を分析してトラブルシューティングを行うためのデバッグおよびインストルメンテーションツールが複数提供されています。

  1. システムのインストール時に Debugging ToolsDesktop Debugging and Performance Tools アドオンを選択して、GNU デバッガー (GDB)ValgrindSystemTapltracestrace などのツールをインストールします。
  2. GDBValgrindSystemTapstrace および ltrace の最新版については、Red Hat Developer Toolset をインストールしてください。これをインストールすると、memstomp もインストールされます。

    # yum install devtoolset-9

    注記: Red Hat Developer Toolset は、Software Collection として同梱されています。scl ユーティリティーでこのツールが使用できるようになり、Red Hat Enterprise Linux システムに含まれる同等のものより、 使用する Red Hat Developer Toolset バイナリーを優先して、コマンドを実行します。

  3. memstomp ユーティリティーは、Red Hat Developer Toolset の一部としてのみ入手可能です。Developer Toolset 全体のインストールは必要ないが、memstomp が必要な場合は、Red Hat Developer Toolset からこのコンポーネントだけをインストールしてください。

    # yum install devtoolset-9-memstomp
  4. debuginfo-install ツールを使用するには、yum-utils パッケージをインストールします。

    # yum install yum-utils
  5. Red Hat Enterprise Linux の一部として利用可能なアプリケーションやライブラリーをデバッグするには、debuginfo-install ツールを使用して、適切な debuginfo およびソースパッケージを Red Hat Enterprise Linux リポジトリーからインストールします。コアのダンプファイル分析についても、これは該当します。
  6. SystemTap アプリケーションで必要な kernel debuginfo およびソースパッケージをインストールします。『SystemTap ビギナーズガイド』の 2.1.1 章「SystemTap のインストール」を参照してください。
  7. カーネルダンプを取得するには、kdump をインストールして設定します。『カーネルクラッシュダンプガイド』の 7.2 章「kdump のインストールと設定」を参照してください。
  8. SELinux ポリシーの設定が、関連のアプリケーションが通常の場合だけでなく、デバッグの状況でも実行できるようになっていることを確認します。『SELinux ユーザーおよび管理者のガイド』の「第 11.3 章問題の修正」を参照してください。

関連資料


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。