Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.2. GDB を使用したアプリケーションの内部状態の検証

アプリケーションが適切に機能しない理由を特定するには、その実行を制御し、デバッガーで内部状態を検査します。本セクションでは、このタスクに GNU デバッガー (GDB) を使用する方法を説明します。

20.2.1. GNU デバッガー (GDB)

デバッガーは、コード実行の制御や、コードの状態の検査を有効にするツールです。この機能は、プログラム内で何が発生しているのか、またその発生理由についての調査に使用します。

Red Hat Enterprise Linux には、コマンドラインユーザーインターフェースでこの機能を提供する GNU デバッガー (GDB) が含まれます。

GDB へのグラフィカルフロントエンドについては、Eclipse 統合開発環境をインストールします。「Using Eclipse」を参照してください。

GDB 機能

単一の GDB セッションで、以下をデバッグできます。

  • マルチスレッドやフォーク用のプログラムをデバッグ
  • 一度に複数のプログラムをデバッグ
  • TCP/IP ネットワーク接続経由で接続された gdbserver ユーティリティーを使用するコンテナー内またはリモートマシンのプログラムをデバッグ
デバッグの要件

実行可能なコードをデバッグするには、GDB では適切なデバッグ情報が必要です。

  • 独自に開発したプログラムの場合は、コードの構築時にデバッグ情報を作成できます。
  • パッケージからインストールしたシステムプログラムの場合は、それぞれの debuginfo パッケージをインストールする必要があります。