15.4. GCC でのコードの最適化

1 つのプログラムは、複数の機械語命令シーケンスに変換できます。コンパイル時にコード分析用のリソースがより多く割り当てられると、より最適な結果が得られます。

GCC でのコードの最適化

GCC では、-Olevel オプションを使用して最適化レベルを設定できます。このオプションでは、level の部分に値のセットを指定できます。

レベル説明

0

コンピレーション速度の最適化: コードの最適化なし (デフォルト)

123

コード実行速度を高めるための最適化の作業量増加

s

作成されるファイルサイズの最適化

fast

レベル 3 以上は、厳密な標準への準拠を無視して追加の最適化を可能にします

g

デバッグ作業の最適化

リリースビルドの場合の最適化オプションとして、-O2 を推奨します。

開発中は、場合によってはプログラムやライブラリーのデバッグに -Og オプションを使用する方が便利です。バグによっては、特定の最適化レベルでのみ出現するので、リリースの最適化レベルでプログラムまたはライブラリーをテストするようにしてください。

GCC では、個別の最適化を有効にするオプションが多数含まれています。詳細情報は、以下の追加リソースを参照してください。

関連資料


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。