21.4. gcore を使用したプロセスメモリーのダンプ

コアダンプのデバッグのワークフローでは、プログラムの状態をオフラインで分析できます。対象のプロセスで環境にアクセスするのが困難な場合など、実行中のプログラムでこのワークフローを使用することに利点がある場合があります。gcore コマンドを使用すると、実行中にプロセスのメモリーをダンプできます。

前提条件

手順

gcore を使用してプロセスメモリーをダンプするには、以下を実行します。

  1. プロセス ID (pid) を検索します。pspgreptop などのツールを使用します。

    $ ps -C some-program
  2. このプロセスのメモリーをダンプします。

    $ gcore -o filename pid

    これでファイル filename が作成され、その中にプロセスメモリーがダンプされます。メモリーをダンプしている間は、プロセスの実行は停止します。

  3. コアダンプが終了すると、プロセスは通常の実行を再開します。
  4. SOS レポートを作成して、システムに関する追加情報を提供します。

    # sosreport

    これにより、設定ファイルのコピーなど、システムに関する情報が含まれる .tar アーカイブが作成されます。

  5. デバッグが行われるコンピューターに、プログラムの実行可能ファイル、コアダンプ、および SOS レポートを移動します。
  6. オプション: コアダンプと SOS レポートに移動後には、ディスク容量を開放するために削除します。

関連情報