第17章 GCC でのライブラリーの作成

本章では、ライブラリーの作成手順と、Linux オペレーティングシステムで使用するために必要なライブラリーの概念を説明します。

17.1. ライブラリーの命名規則

特殊なファイルの命名規則をライブラリーに使用します。foo として知られるライブラリーは、libfoo.so ファイルまたは libfoo.a ファイルとして存在する必要があります。この規則は、リンクする GCC の入力オプションでは自動的に理解されますが、出力オプションでは理解されません。

  • ライブラリーにリンクする場合は、-lfoo のように、-l オプションと foo の名前でしか、ライブラリーを指定することができません。

    $ gcc ... -lfoo ...
  • ライブラリーの作成時には、libfoo.solibfoo.a など、完全なファイル名を指定する必要があります。

関連情報