第2章 アプリケーションのバージョンを管理するための設定

複数の開発者が関わるプロジェクトではすべて、効果的な訂管理が必須になります。Red Hat Enterprise Linux は Git という分散型のバージョン管理システムが同梱され、配信されています。

  1. インストール時に 開発ツール アドオンを選択して、Git をインストールします。
  2. または、システムのインストール後に、Red Hat Enterprise Linux のリポジトリーから git パッケージをインストールします。

    # yum install git
  3. Red Hat がサポートする Git の最新版を取得するには、Red Hat Software Collections から rh-git218 のコンポーネントをインストールします。

    # yum install rh-git218
  4. Git コミットに関連付けるフルネームとメールアドレスを設定します。

    $ git config --global user.name "full name
    " $ git config --global user.email "email_address"

    full nameemail_address は、実際の名前とメールアドレスに置き換えます。

  5. Git で開始するデフォルトのテキストエディターを変更するには、core.editor の設定オプションの値を設定します。

    $ git config --global core.editor command

    command は、選択のテキストエディターの起動に使用するコマンドに置き換えます。

関連情報


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。