Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.2.7. GDB でのフォーク用またはスレッド化されたプログラムのデバッグ

プログラムによっては、フォークまたはスレッドを使用して、コードの並行実行を実行します。複数の同時実行パスをデバッグするには、特別な留意点があります。

前提条件
  • GDB デバッガーを理解していること
  • フォークおよびスレッドプロセスのコンセプトを理解していること
GDB でのフォークされたプログラムのデバッグ

フォークとは、プログラム () により、独立したコピー () を作成する状況のことを指します。以下の設定およびコマンドを使用して、実行するフォークに対する GDB の対応を変更します。

  • follow-fork-mode 設定で、フォークの後に GDB が親または子に従うかどうかを制御します。

    set follow-fork-mode parent
    フォークの後に、親プロセスのデバッグを行います。これはデフォルトです。
    set follow-fork-mode child
    フォークの後に、子プロセスのデバッグを行います。
    show follow-fork-mode
    follow-fork-mode の現在の設定を表示します。
  • set detach-on-fork 設定では、GDB が (フォローしていない) 他のプロセスを制御するか、そのまま実行させるかを制御します。

    set detach-on-fork on
    続いていないプロセス (follow-fork-mode の値により異なる) は切り離され、独立して実行されます。これはデフォルトです。
    set detach-on-fork off
    GDB は両方のプロセスの制御を維持します。フォローしているプロセス (follow-fork-mode の値による) は通常通りにデバッグされ、他は一時停止されます。
    show detach-on-fork
    detach-on-fork の現在の設定を表示します。
GDB でのスレッド化されたプログラムのデバッグ

GDB には、個別のスレッドをデバッグして、独立して操作し、検査する機能があります。GDB が検査したスレッドのみを停止させるには、set non-stop on コマンドおよび set target-async on コマンドを使用します。これらのコマンドは、.gdbinit ファイルに追加できます。その機能が有効になると、GDB がスレッドのデバッグを実行する準備が整います。

GDB は current thread の概念を使用します。デフォルトでは、コマンドは現在のスレッドのみに適用されます。

info threads
現在のスレッドを示す id 番号および gid 番号を使用してスレッドの一覧を表示します。
thread id
指定した id を現在のスレッドとして設定します。
thread apply ids command
command コマンドを、ids で一覧表示されたすべてのスレッドに適用します。ids オプションは、スペースで区切られたスレッド ID の一覧です。特殊な値 all は、すべてのスレッドにコマンドを適用します。
break location thread id if condition
スレッド番号 id に対してのみ特定の condition を持つ特定の location にブレークポイントを設定します。
watch expression thread id
スレッド番号 id に対してのみ expression で定義されるウォッチポイントを設定します。
command&
command コマンドを実行すると、GDB プロンプト (gdb) に即座に戻り、バックグラウンドでコードの実行が続行されます。
interrupt
バックグラウンドでの実行が停止されます。
関連資料