22.2. Valgrind の使用

valgrind パッケージとその依存関係により、Valgrind プロファイルの実行に必要なツールがすべてインストールされます。Valgrind でプログラムをプロファイリングするには、以下を使用します。

$ valgrind --tool=toolname
program

toolname の引数の一覧については、「Valgrind ツール」 を参照してください。Valgrind ツールのスイート以外に、 nonetoolname の有効な引数として使用できます。この引数を使用すると、プロファイルを実行せずにプログラムを Valgrind 下で実行できます。これは、Valgrind 自体のデバッグやベンチマークに役立ちます。

Valgrind に、固有のファイルにすべての情報を送信するように指示することも可能です。これを実行するには、--log-file=filename オプションを使用します。たとえば、実行可能ファイル hello のメモリー使用状況を確認して、output にプロファイル情報を送信するには、以下を使用します。

$ valgrind --tool=memcheck --log-file=output hello

Valgrind についての詳細は、 「関連情報」 を参照してください。また、ツールの Valgrind スイートについての他の利用可能なドキュメントを参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。