第12章 配信オプション

Red Hat Enterprise Linux は、サードパーティーのアプリケーションを 3 種類の方法で配信します。

RPM パッケージ

RPM パッケージは、ソフトウェアの配信/インストールを行うための従来の方式です。

  • 複数のツールおよび広く普及したナレッジが含まれる成熟した技術
  • アプリケーションはシステムの一部としてインストールされる
  • インストールツールは依存関係の解決を大幅に支援する
  • パッケージのバージョン 1 つしかインストールできないので、アプリケーションの複数バージョンのインストールが困難である

RPM パッケージを作成する方法は、『RPM Packaging Guide』の「Packaging Software」の章の説明に従うようにしてください。

Software Collections

Software Collection は、アプリケーションの別バージョン用に特別に用意される RPM パッケージです。

  • Red Hat が使用/サポートするパッケージ方法
  • RPM パッケージメカニズム上に構築される
  • アプリケーションの複数バージョンを一度にインストールできる

詳しい情報は、『Red Hat Software Collections Packaging Guide』の「1.2 What Are Software Collections?」を参照してください。

Software Collection パッケージを作成する方法は、『Red Hat Software Collections Packaging Guide』の「Packaging Software Collections」の章の説明に従ってください。

コンテナー

Docker 形式のコンテナーは、軽量な仮想化を実現する方法の 1 つです。

  • アプリケーションは、複数の個別バージョンおよびインスタンスとして存在できる
  • RPM パッケージおよび Software Collection から簡単に用意できる
  • システムとの対話を正確に制御できる
  • アプリケーションの分離によりセキュリティーが強化される
  • コンテナーのアプリケーションまたはそのコンポーネントで複数インスタンスのオーケストレーションが可能になる

関連資料


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。