第6章 Java を使用してアプリケーションを開発するための設定

Red Hat Enterprise Linux は Java でのアプリケーションの開発をサポートします。

  1. システムのインストール時に、Java Platform アドオンを選択して、デフォルトの Java バージョンとして OpenJDK をインストールします。

    または、『Installation Guide for Red Hat CodeReady Studio』の「2.2 章 Installing OpenJDK 1.8.0 on RHEL」の説明に従い、OpenJDK を個別にインストールします。

  2. 統合型のグラフィカル開発環境の場合は、Java 開発を幅広くサポートする Eclipse ベースの Red Hat CodeReady をインストールしてください。『Installation Guide for Red Hat CodeReady Studio』の手順に従います。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。