7.4. iSCSI ターゲットの設定

ストレージ管理者は、gwcli コマンドラインユーティリティーを使用して、ターゲット、LUN、およびクライアントを設定できます。iSCSI ターゲットのパフォーマンスを最適化することもできます 。gwcli reconfigure サブコマンドを使用します。

警告

Red Hat は、gwcliceph-ansible など、Ceph iSCSI ゲートウェイツールがエクスポートした Ceph ブロックデバイスイメージの管理はサポートしていません。また、rbd コマンドを使用して Ceph iSCSI ゲートウェイでエクスポートされた RBD イメージの名前変更または削除を行うと、ストレージクラスターが不安定になる可能性があります。

警告

iSCSI ゲートウェイ設定から RBD イメージを削除する前に、オペレーティングシステムからストレージデバイスを削除する通常の手順に従います。詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 の『ストレージ管理ガイド』の 「ストレージデバイスの削除 」の章、または Red Hat Enterprise Linux 8 の『システム設計ガイド』を参照してください

7.4.1. 前提条件

  • Ceph iSCSI ゲートウェイソフトウェアのインストール。