2.11. イメージメタデータの使用

Ceph は、カスタムイメージのメタデータをキーと値のペアとして追加することをサポートします。ペアには厳格な形式はありません。

また、メタデータを使用すると、特定のイメージの RADOS Block Device(RBD)設定パラメーターを設定できます。

rbd image-meta コマンドを使用して、メタデータと連携します。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage クラスターが実行中である。
  • クライアントノードへのルートレベルのアクセス。

Procedure

  1. 新しいメタデータキーと値のペアを設定するには、以下を実行します。

    構文

    rbd image-meta set POOL_NAME/IMAGE_NAME KEY VALUE

    [root@rbd-client ~]# rbd image-meta set data/dataset last_update 2016-06-06

    この例では、last_update キーは、データプールの データセットイメージで 2016-06-06 値に設定します。

  2. メタデータのキー/値のペアを削除するには、以下のコマンドを実行します。

    構文

    rbd image-meta remove POOL_NAME/IMAGE_NAME KEY

    [root@rbd-client ~]# rbd image-meta remove data/dataset last_update

    この例では、データプールのデータセットから last_update のキーと値のペアを削除します

  3. キーの値を表示するには、次のコマンドを実行します。

    構文

    rbd image-meta get POOL_NAME/IMAGE_NAME KEY

    [root@rbd-client ~]# rbd image-meta get data/dataset last_update

    この例では、last_update キーの値を表示します

  4. イメージ上のすべてのメタデータを表示するには、以下のコマンドを実行します。

    構文

    rbd image-meta list POOL_NAME/IMAGE_NAME

    [root@rbd-client ~]# rbd data/dataset image-meta list

    以下の例では、データプール内の データセットデータセットです

  5. 特定のイメージの Ceph 設定ファイルに設定された RBD イメージ設定を上書きするには、以下を実行します。

    構文

    rbd config image set POOL_NAME/IMAGE_NAME  PARAMETER VALUE

    [root@rbd-client ~]# rbd config image set data/dataset rbd_cache false

    以下の例では、データプールの データセットイメージの RBD キャッシュを無効にします。

関連情報