7.10. コマンドラインインターフェースを使用した Ceph iSCSI ゲートウェイのアップグレード

ベアメタル iSCSI ゲートウェイノードを一度に 1 つアップグレードすることで、Red Hat Ceph Storage iSCSI ゲートウェイをローリング方式でアップグレードできます。

警告

Ceph OSD のアップグレードおよび再起動中は、iSCSI ゲートウェイをアップグレードしないでください。OSD のアップグレードが完了し、ストレージクラスターが active+clean 状態になるまで待機します

前提条件

  • 実行中の Ceph iSCSI ゲートウェイ。
  • Red Hat Ceph Storage クラスターが実行中である。
  • iSCSI ゲートウェイノードへの root アクセスがある。

Procedure

  1. iSCSI ゲートウェイパッケージを更新します。

    [root@iscsigw ~]# yum update ceph-iscsi
  2. iSCSI ゲートウェイデーモンを停止します。

    [root@iscsigw ~]# systemctl stop rbd-target-api
    [root@iscsigw ~]# systemctl stop rbd-target-gw
  3. iSCSI ゲートウェイデーモンが正常に停止したことを確認します。

    [root@iscsigw ~]# systemctl status rbd-target-gw
    1. rbd-target-gw サービスが正常に停止された場合は、ステップ 4 に進みます。
    2. rbd-target-gw サービスが停止できない場合は、以下の手順を実行します。

      1. targetcli パッケージがインストールされていない場合は、targetcli パッケージをインストールします。

        [root@iscsigw ~]# yum install targetcli
      2. 既存のターゲットオブジェクトの有無を確認します。

        [root@iscsigw ~]# targetcli ls

        o- / ............................................................. [...]
        o- backstores .................................................... [...]
        | o- user:rbd ..................................... [Storage Objects: 0]
        o- iscsi .................................................. [Targets: 0]

        バックストアおよび ストレージオブジェクトが空の場合は、iSCSI ターゲットが正常にシャットダウンされ、ステップ 4 に進みます。

      3. ターゲットオブジェクトが依然としてある場合は、以下のコマンドを使用してすべてのターゲットオブジェクトを強制的に削除します。

        [root@iscsigw ~]# targetcli clearconfig confirm=True
        警告

        複数のサービスが iSCSI ターゲットを使用している場合は、対話モードで targetcli を使用して、その特定のオブジェクトを削除します。

  4. tcmu-runner パッケージを更新します。

    [root@iscsigw ~]# yum update tcmu-runner
  5. tcmu-runner サービスを停止します。

    [root@iscsigw ~]# systemctl stop tcmu-runner
  6. iSCSI ゲートウェイサービスは、以下の順序で再起動します。

    [root@iscsigw ~]# systemctl start tcmu-runner
    [root@iscsigw ~]# systemctl start rbd-target-gw
    [root@iscsigw ~]# systemctl start rbd-target-api