4.2. Ceph ブロックデバイスのスナップショット

スナップショットは、特定の時点におけるイメージの状態の読み取り専用コピーです。Ceph ブロックデバイスの詳細機能の 1 つは、イメージのスナップショットを作成してイメージの状態の履歴を保持できることです。Ceph はスナップショットの階層化もサポートしており、イメージを迅速にクローンすることを可能にします(仮想マシンイメージなど)。Ceph は、rbd コマンドと、QEMU、libvirt、OpenStack、および CloudStack を含む多くの上位レベルのインターフェースを使用して、ブロックデバイスのスナップショットをサポートします。

注記

I/O の実行中にスナップショットが作成された場合、スナップショットはイメージの正確なデータまたは最新データを取得できず、スナップショットをマウント可能にする新規イメージにクローンしなければならない場合があります。Red Hat は、イメージのスナップショットを作成する前に I/O を停止することを推奨します。イメージにファイルシステムが含まれている場合は、スナップショットを作成する前にファイルシステムは一貫した状態でなければなりません。I/O を停止するには、fsfreeze コマンドを使用します。仮想マシンの場合、スナップショットの作成時に、qemu-guest-agent を使用してファイルシステムを自動的にフリーズすることができます。

           +------------+         +-------------+
           | {s}        |         | {s} c999    |
           |   Active   |<-------*|   Snapshot  |
           |   Image    |         |   of Image  |
           | (stop i/o) |         | (read only) |
           +------------+         +-------------+

関連情報

  • 詳細は、man ページの fsfreeze(8) を参照してください。