7.12. iSCSI 設定の削除

iSCSI 設定を削除するには、gwcli ユーティリティーを使用してホストおよびディスクを削除し、Ansible purge-iscsi-gateways.yml Playbook を使用して iSCSI ターゲット設定を削除します。

警告

purge-iscsi-gateways.yml Playbook の使用を使用することは、iSCSI ゲートウェイ環境に対する破壊的な操作と言えます。

+ WARNING: RBD イメージにスナップショットまたはクローンがあり、Ceph iSCSI ゲートウェイを介してエクスポートされている場合は、purge-iscsi-gateways.yml の使用を試行します。

前提条件

  • すべての iSCSI イニシエーターを切断します。

    • Red Hat Enterprise Linux イニシエーター:

      構文

      iscsiadm -m node -T TARGET_NAME --logout

      TARGET_NAME を、設定した iSCSI ターゲット名に置き換えます。以下に例を示します。

      # iscsiadm -m node -T iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:ceph-igw --logout
      Logging out of session [sid: 1, target: iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:iscsi-igw, portal: 10.172.19.21,3260]
      Logging out of session [sid: 2, target: iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:iscsi-igw, portal: 10.172.19.22,3260]
      Logout of [sid: 1, target: iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:iscsi-igw, portal: 10.172.19.21,3260] successful.
      Logout of [sid: 2, target: iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:iscsi-igw, portal: 10.172.19.22,3260] successful.

    • Windows イニシエーター:

      詳細は、Microsoft のドキュメント を参照してください。

    • VMware ESXi イニシエーター:

      詳細は、VMware のドキュメント を参照してください。

手順

  1. iSCSI ゲートウェイのコマンドラインユーティリティーを実行します。

    [root@iscsigw ~]# gwcli
  2. ホストを削除します。

    構文

    /> cd /iscsi-target/iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:$TARGET_NAME/hosts
    /> /iscsi-target...TARGET_NAME/hosts> delete CLIENT_NAME

    TARGET_NAME を、設定された iSCSI ターゲット名に置き換え、CLIENT_NAME を iSCSI イニシエーター名に置き換えます。以下に例を示します。

    /> cd /iscsi-target/iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:ceph-igw/hosts
    /> /iscsi-target...eph-igw/hosts> delete iqn.1994-05.com.redhat:rh7-client

  3. ディスクを削除します。

    構文

    /> cd /disks/
    /disks> delete POOL_NAME.IMAGE_NAME

    POOL_NAME をプールの名前に置き換え、IMAGE_NAME をイメージの名前に置き換えます。以下に例を示します。

    /> cd /disks/
    /disks> delete rbd.disk_1

  4. iSCSI gateway purge Ansible Playbook を実行します。

    [root@ansible ~]# cd /usr/share/ceph-ansible/
    [root@ansible ceph-ansible]# ansible-playbook purge-iscsi-gateways.yml
  5. プロンプトが表示されたら、パージのタイプを入力します。

    lio
    このモードでは、Linux iSCSI ターゲット設定は、定義されたすべての iSCSI ゲートウェイで消去されます。作成されたディスクは、Ceph ストレージクラスター内で変更されないままになります。
    all
    all を選択すると、Linux iSCSI ターゲット設定は、iSCSI ゲートウェイ環境内で定義されたすべての RBD イメージと共に削除され、その他の関連の RBD イメージは削除されません。この操作によりデータが削除されるので、必ず正しいモードを選択してください。

    [root@rh7-iscsi-client ceph-ansible]# ansible-playbook purge-iscsi-gateways.yml
    Which configuration elements should be purged? (all, lio or abort) [abort]: all
    
    
    PLAY [Confirm removal of the iSCSI gateway configuration] *********************
    
    
    GATHERING FACTS ***************************************************************
    ok: [localhost]
    
    
    TASK: [Exit playbook if user aborted the purge] *******************************
    skipping: [localhost]
    
    
    TASK: [set_fact ] *************************************************************
    ok: [localhost]
    
    
    PLAY [Removing the gateway configuration] *************************************
    
    
    GATHERING FACTS ***************************************************************
    ok: [ceph-igw-1]
    ok: [ceph-igw-2]
    
    
    TASK: [igw_purge | purging the gateway configuration] *************************
    changed: [ceph-igw-1]
    changed: [ceph-igw-2]
    
    
    TASK: [igw_purge | deleting configured rbd devices] ***************************
    changed: [ceph-igw-1]
    changed: [ceph-igw-2]
    
    
    PLAY RECAP ********************************************************************
    ceph-igw-1                 : ok=3    changed=2    unreachable=0    failed=0
    ceph-igw-2                 : ok=3    changed=2    unreachable=0    failed=0
    localhost                  : ok=2    changed=0    unreachable=0    failed=0