2.4. ブロックデバイスイメージの作成

ブロックデバイスをノードに追加する前に、Ceph ストレージクラスターにそのブロックデバイス用のイメージを作成します。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage クラスターが実行中である。
  • クライアントノードへのルートレベルのアクセス。

Procedure

  1. ブロックデバイスイメージを作成するには、以下のコマンドを実行します。

    構文

    rbd create IMAGE_NAME --size MEGABYTES --pool POOL_NAME

    [root@rbd-client ~]# rbd create data --size 1024 --pool stack

    以下の例では、stack という名前のプールに情報を保存する data という名前の 1 GB のイメージを作成します。

    注記

    イメージを作成する前に、プールが存在することを確認します。

関連情報

  • 詳細は、『Red Hat Ceph Storage ブロックデバイスガイド』の「ブロックデバイス プールの作成 」セクションを参照してください。