付録B iSCSI ゲートウェイ変数

iSCSI ゲートウェイの一般的な変数

seed_monitor
目的
各 iSCSI ゲートウェイには、RADOS および RBD 呼び出しの Ceph Storage クラスターへのアクセスが必要です。これは、iSCSI ゲートウェイに適切な /etc/ceph/ ディレクトリーが定義されている必要があることを意味します。seed_monitor ホストは、iSCSI ゲートウェイの /etc/ceph/ ディレクトリーを入力するために使用されます。
gateway_keyring
目的
カスタムキーリング名を定義します。
perform_system_checks
目的
これは、各 iSCSI ゲートウェイでマルチパスおよび LVM の設定を確認するブール値です。multipathd デーモンと LVM が適切に設定されていることを確認するには、少なくとも初回実行には true に設定する必要があります。

iSCSI ゲートウェイ RBD-TARGET-API 変数

api_user
目的
API のユーザー名。デフォルトは admin です。
api_password
目的
API を使用するためのパスワード。デフォルトは admin です。
api_port
目的
API を使用するための TCP ポート番号。デフォルトは 5000 です。
api_secure
目的
値は true または false です。デフォルトは false です。
loop_delay
目的
iSCSI 管理オブジェクトのポーリングのスリープ間隔を秒単位で制御します。デフォルト値は 1 です。
trusted_ip_list
目的
API へのアクセスを持つ IPv4 または IPv6 アドレスの一覧。デフォルトでは、iSCSI ゲートウェイノードのみがアクセスすることができます。