A.9. ブロックデバイス設定の上書きオプション

ブロックデバイス設定オプションは、グローバルおよびプールレベルのオプションを上書きします。

グローバルレベル

利用可能なキー

rbd_qos_bps_burst
詳細
希望する IO バイトのバースト制限。
整数
デフォルト
0
rbd_qos_bps_limit
詳細
1 秒あたりの IO バイトの必要な制限。
整数
デフォルト
0
rbd_qos_iops_burst
詳細
IO 操作の必要なバースト制限。
整数
デフォルト
0
rbd_qos_iops_limit
詳細
1 秒あたりの IO 操作の必要な上限。
整数
デフォルト
0
rbd_qos_read_bps_burst
詳細
読み取りバイトの必要なバースト制限。
整数
デフォルト
0
rbd_qos_read_bps_limit
詳細
1 秒あたりの読み取りバイトの必要な制限。
整数
デフォルト
0
rbd_qos_read_iops_burst
詳細
読み取り操作の必要なバースト制限。
整数
デフォルト
0
rbd_qos_read_iops_limit
詳細
1 秒あたりの読み取り操作の必要な制限。
整数
デフォルト
0
rbd_qos_write_bps_burst
詳細
書き込みバイトの必要なバースト制限。
整数
デフォルト
0
rbd_qos_write_bps_limit
詳細
1 秒あたりの書き込みバイト数の必要な制限。
整数
デフォルト
0
rbd_qos_write_iops_burst
詳細
書き込み操作の必要なバースト制限。
整数
デフォルト
0
rbd_qos_write_iops_limit
詳細
1 秒あたりの書き込み操作のバースト制限を指定します。
整数
デフォルト
0

上記のキーは以下に使用できます。

rbd config global set CONFIG_ENTITY KEY VALUE
詳細
グローバルレベルの設定の上書きを設定します。
rbd config global get CONFIG_ENTITY KEY
詳細
グローバルレベルの設定の上書きを取得します。
rbd config global list CONFIG_ENTITY
詳細
グローバルレベルの設定の上書きを一覧表示します。
rbd config global remove CONFIG_ENTITY KEY
詳細
グローバルレベルの設定の上書きを削除します。

プールレベル

rbd config pool set POOL_NAME KEY VALUE
詳細
プールレベルの設定の上書きを設定します。
rbd config pool get POOL_NAME KEY
詳細
プールレベルの設定の上書きを取得します。
rbd 設定プール一覧 POOL_NAME
詳細
プールレベルの設定のオーバーライドを一覧表示します。
rbd config pool remove POOL_NAME KEY
詳細
プールレベルの設定の上書きを削除します。
注記

CONFIG_ENTITY はグローバル、クライアント ID、またはクライアント ID です。KEY は設定キーです。VALUE は設定値です。POOL_NAME はプールの名前です。