2.15. コマンドラインインターフェースを使用した Ceph ブロックデバイスのパフォーマンスの監視

Red Hat Ceph Storage 4.1 以降、パフォーマンスメトリック収集フレームワークは、Ceph OSD および Manager コンポーネントに統合されます。このフレームワークには、他の Ceph ブロックデバイスのパフォーマンス監視ソリューションの構築時にパフォーマンスメトリックを生成して処理するための手段が含まれます。

新しい Ceph Manager モジュールrbd_support は、有効になっている場合にパフォーマンスメトリックを集約します。rbd コマンドには、iotopiostat の新しい 2 つのアクションがあります。

注記

これらのアクションの初回使用じには、データフィールドの設定に約 30 秒かかります。

前提条件

  • Ceph Monitor ノードへのユーザーレベルのアクセス。

手順

  1. rbd_support Ceph Manager モジュールを有効にします。

    [user@mon ~]$ ceph mgr module enable rbd_support

  2. 「iotop」スタイルのイメージを表示するには、以下のコマンドを実行します。

    [user@mon ~]$ rbd perf image iotop

    注記

    ops、read-ops、write-bytes、read-bytes、write-latency、および read-latency の列は、右と左矢印キーを使用して動的にソートできます。

  3. 「iostat」スタイルのイメージを表示するには、以下を実行します。

    [user@mon ~]$ rbd perf image iostat

    注記

    このコマンドは JSON または XML 形式で出力でき、他のコマンドラインツールを使用してソートできます。