3.2. Ceph ブロックデバイスの作成および Linux カーネルモジュールクライアントからのデバイスの使用

ストレージ管理者は、Red Hat Ceph Storage ダッシュボードで Linux カーネルモジュールクライアントの Ceph ブロックデバイスを作成できます。システム管理者は、コマンドラインを使用してLinux クライアントでそのブロックデバイスをマップし、パーティション作成、フォーマットおよびマウントが可能です。その後、そのファイルの読み取りと書き込みが可能になります。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • Red Hat Enterprise Linux クライアント。

3.2.1. ダッシュボードを使用した Linux カーネルモジュールクライアントの Ceph ブロックデバイスの作成

ダッシュボードの Web インターフェースを使用して、必要な機能だけを有効にし、Linux カーネルモジュールクライアント専用の Ceph ブロックデバイスを作成できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Pools をクリックします。

    Click pools
  3. Create ボタンをクリックします。

    Click create
  4. ダイアログウィンドウで、名前を設定します。

    Set name
  5. プールタイプを Replicated (レプリケート) に設定します。

    replicated
  6. 配置グループ (PG) 番号を設定します。

    Set PG number

    PG 番号の選択には、PG calculator を使用します。不明な場合は、Red Hat テクニカルサポート にお問い合わせください。

  7. レプリケートされたサイズを設定します。

    Replicated size
  8. rbd アプリケーションを有効にします。

    Enable rbd
  9. プールの作成 をクリックします。

    Click Create pool
  10. プールが正常に作成されたことを示す通知が表示されます。

    Creation notifications
  11. Block をクリックします。

    Click Block
  12. Images をクリックします。

    Click Images
  13. Create をクリックします。

    Click Create
  14. 1 は任意のイメージ名、 2 は先ほど作成した Pool3 は任意サイズのイメージ、 4 では LayeringExclusive lock だけが有効な機能となるように設定します。

    Set image parameters
  15. CreateRBD をクリックします。

    Clck CreateRBD
  16. イメージが正常に作成されたことを示す通知が表示されます。

    Image creation notification

関連情報