Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.8. Data Grid Server のシャットダウン

個別に実行中のサーバーを停止するか、またはクラスターを正常に停止します。

手順

  1. Data Grid への CLI 接続を作成します。
  2. 次のいずれかの方法で Data Grid Server をシャットダウンします。

    • shutdown cluster コマンドを使用して、クラスターのすべてのノードを停止します。以下に例を示します。

      shutdown cluster

      このコマンドは、クラスターの各ノードの data フォルダーにクラスターの状態を保存します。キャッシュストアを使用する場合、shutdown cluster コマンドはキャッシュのすべてのデータも永続化します。

    • shutdown server コマンドおよびサーバーのホスト名を使用して、個々のサーバーインスタンスを停止します。以下に例を示します。

      shutdown server <my_server01>
重要

shutdown server コマンドは、リバランス操作が完了するまで待機しません。これにより、同時に複数のホスト名を指定すると、データが失われる可能性があります。

ヒント

このコマンドの使用方法の詳細については、help shutdown を実行してください。

検証

Data Grid は、サーバーをシャットダウンしたときに以下のメッセージをログに記録します。

ISPN080002: Data Grid Server stopping
ISPN000080: Disconnecting JGroups channel cluster
ISPN000390: Persisted state, version=<$version> timestamp=YYYY-MM-DDTHH:MM:SS
ISPN080003: Data Grid Server stopped

1.8.1. Data Grid クラスターの再起動

シャットダウン後に Data Grid クラスターをオンラインに戻す場合、クラスターが利用できるのを待ってから、ノードの追加または削除、またはクラスター状態の変更を行う必要があります。

shutdown server コマンドでクラスター化ノードをシャットダウンする場合は、各サーバーを逆の順序で再起動する必要があります。
たとえば、server1 をシャットダウンしてから、server2 をシャットダウンする場合は、最初に server2 を起動してから server1 を起動する必要があります。

shutdown cluster コマンドでクラスターをシャットダウンすると、すべてのノードが再度参加した後にのみ、クラスターは完全に機能するようになります。
ノードは任意の順序で再起動できますが、シャットダウン前に参加していたすべてのノードが実行されるまで、クラスターは DEGRADED 状態のままになります。