Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

11.5. JGroups システムプロパティーの使用

起動時にシステムプロパティーを Data Grid に渡して、クラスターのトランスポートを調整します。

手順

  • -D<property-name>=<property-value> 引数を使用して JGroups システムプロパティーを必要に応じて設定します。

たとえば、以下のようにカスタムバインドポートと IP アドレスを設定します。

bin/server.sh -Djgroups.bind.port=1234 -Djgroups.bind.address=192.0.2.0

11.5.1. クラスタートランスポートプロパティー

以下のプロパティーを使用して JGroups クラスタートランスポートをカスタマイズします。

システムプロパティー説明Default Value必須/オプション

jgroups.bind.address

クラスタートランスポートのバインドアドレス。

SITE_LOCAL

任意

jgroups.bind.port

ソケットのバインドポート。

7800

任意

jgroups.mcast_addr

マルチキャストの IP アドレス (検出およびクラスター間の通信の両方)。IP アドレスは、IP マルチキャストに適した有効なクラス D アドレスである必要があります。

228.6.7.8

任意

jgroups.mcast_port

マルチキャストソケットのポート。

46655

任意

jgroups.ip_ttl

IP マルチキャストパケットの Time-to-live (TTL)この値は、パケットが破棄される前にパケットが作成できるネットワークホップの数を定義します。

2

任意

jgroups.thread_pool.min_threads

スレッドプールの最小スレッド数

0

任意

jgroups.thread_pool.max_threads

スレッドプールの最大スレッド数

200

任意

jgroups.join_timeout

結合リクエストが正常に実行されるまで待機する最大時間 (ミリ秒単位)。

2000

任意

jgroups.thread_dumps_threshold

スレッドダンプがログに記録される前にスレッドプールが満杯である必要がある回数。

10000

任意