Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

11.8. クラスタートランスポートの暗号化

ノードが暗号化されたメッセージと通信できるように、クラスタートランスポートを保護します。また、有効なアイデンティティーを持つノードのみが参加できるように、証明書認証を実行するように Data Grid クラスターを設定することもできます。

11.8.1. TLS アイデンティティーを使用したクラスタートランスポートのセキュア化

SSL/TLS アイデンティティーを Data Grid Server セキュリティーレルムに追加し、これを使用してクラスタートランスポートをセキュア化します。Data Grid Server クラスターのノードは、SSL/TLS 証明書を交換して、クロスサイトレプリケーションを設定する場合の RELAY メッセージを含む JGroups メッセージを暗号化します。

前提条件

  • Data Grid Server クラスターをインストールします。

手順

  1. 1 つの証明書が含まれる TLS キーストアを作成し、Data Grid Server を特定します。

    PKCS#1 または PKCS#8 形式の秘密鍵、証明書、および空のパスワードである password="" が含まれている場合は、PEM ファイルを使用することもできます。

    注記

    キーストアの証明書が公開認証局 (CA) で署名されていない場合は、署名証明書または公開鍵のいずれかが含まれるトラストストアを作成する必要もあります。

  2. キーストアを $RHDG_HOME/server/conf ディレクトリーに追加します。
  3. キーストアを Data Grid Server 設定の新しいセキュリティーレルムに追加します。

    重要

    Data Grid Server エンドポイントがクラスタートランスポートと同じセキュリティーレルムを使用しないように、専用のキーストアとセキュリティーレルムを作成する必要があります。

    <server xmlns="urn:infinispan:server:13.0">
      <security>
        <security-realms>
          <security-realm name="cluster-transport">
            <server-identities>
              <ssl>
                <!-- Adds a keystore that contains a certificate that provides SSL/TLS identity to encrypt cluster transport. -->
                <keystore path="server.pfx"
                          relative-to="infinispan.server.config.path"
                          password="secret"
                          alias="server"/>
              </ssl>
            </server-identities>
          </security-realm>
        </security-realms>
      </security>
    </server>
  4. server:security-realm 属性でセキュリティーレルムの名前を指定して、セキュリティーレルムを使用するようにクラスタートランスポートを設定します。

    <infinispan>
      <cache-container>
        <transport server:security-realm="cluster-transport"/>
      </cache-container>
    </infinispan>

検証

Data Grid Server を起動すると、以下のログメッセージはクラスターがクラスタートランスポートにセキュリティーレルムを使用していることを示します。

[org.infinispan.SERVER] ISPN080060: SSL Transport using realm <security_realm_name>