Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第12章 リモートキャッシュの作成

ランタイム時にリモートキャッシュを作成すると、Data Grid Server はクラスター全体で設定を同期し、全ノードがコピーを持つようにします。このため、常に以下のメカニズムを使用してリモートキャッシュを動的に作成する必要があります。

  • Data Grid コンソール
  • Data Grid コマンドラインインターフェイス (CLI)
  • Hot Rod または HTTP クライアント

12.1. デフォルトの Cache Manager

Data Grid Server は、リモートキャッシュのライフサイクルを制御するデフォルトの Cache Manager を提供します。Data Grid Server を起動すると、Cache Manager が自動的にインスタンス化されるため、リモートキャッシュや Protobuf スキーマなどの他のリソースを作成および削除できます。

Data Grid Server を起動してユーザー認証情報を追加したら、Cache Manager の詳細を表示し、Data Grid コンソールからクラスター情報を取得できます。

  • 任意のブラウザーで 127.0.0.1:11222 を開きます。

コマンドラインインターフェイス (CLI) または REST API を使用して Cache Manager に関する情報を取得することもできます。

CLI

デフォルトのコンテナーで describe コマンドを使用します。

[//containers/default]> describe
REST
任意のブラウザーで 127.0.0.1:11222/rest/v2/cache-managers/default/ を開きます。

デフォルトの Cache Manager の設定

XML

<infinispan>
  <!-- Creates a Cache Manager named "default" and enables metrics. -->
  <cache-container name="default"
                   statistics="true">
     <!-- Adds cluster transport that uses the default JGroups TCP stack. -->
     <transport cluster="${infinispan.cluster.name:cluster}"
                stack="${infinispan.cluster.stack:tcp}"
                node-name="${infinispan.node.name:}"/>
     <!-- Requires user permission to access caches and perform operations. -->
     <security>
        <authorization/>
     </security>
  </cache-container>
</infinispan>

JSON

{
  "infinispan" : {
    "jgroups" : {
      "transport" : "org.infinispan.remoting.transport.jgroups.JGroupsTransport"
    },
    "cache-container" : {
      "name" : "default",
      "statistics" : "true",
      "transport" : {
        "cluster" : "cluster",
        "node-name" : "",
        "stack" : "tcp"
      },
      "security" : {
        "authorization" : {}
      }
    }
  }
}

YAML

infinispan:
  jgroups:
    transport: "org.infinispan.remoting.transport.jgroups.JGroupsTransport"
  cacheContainer:
    name: "default"
    statistics: "true"
    transport:
      cluster: "cluster"
      nodeName: ""
      stack: "tcp"
    security:
      authorization: ~