Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第17章 参照資料

17.1. Data Grid Server 8.3.1 Readme

Data Grid Server 13.0.10.Final-redhat-00001 ディストリビューションに関する情報。

17.1.1. 要件

Data Grid Server には、JDK 11 以降が必要です。

17.1.2. サーバーの起動

server スクリプトを使用して Data Grid Server インスタンスを実行します。

Unix / Linux

$RHDG_HOME/bin/server.sh

Windows

$RHDG_HOME\bin\server.bat

ヒント

コマンド引数を表示するには --help または -h オプションを追加します。

17.1.3. サーバーの停止

CLI で shutdown コマンドを使用して、正常なシャットダウンを実行します。

または、ターミナルから Ctrl-C を入力してサーバープロセスを中断するか、TERM シグナルを介してこれを強制終了します。

17.1.4. 設定

サーバー設定によって、以下のサーバー固有の要素で Data Grid 設定が拡張されます。

cache-container
キャッシュライフサイクルを管理するためのキャッシュコンテナーを定義します。
endpoints
クライアントプロトコルのエンドポイントコネクターを有効化および設定します。
security
エンドポイントセキュリティーレルムを設定します。
socket-bindings
エンドポイントコネクターをインターフェイスおよびポートにマッピングします。

デフォルトの設定ファイルは $RHDG_HOME/server/conf/infinispan.xml です。

クラスターリング機能なしでサーバーを起動する以下の例のように、-c 引数を指定してさまざまな設定ファイルを使用します。

Unix / Linux

$RHDG_HOME/bin/server.sh -c infinispan-local.xml

Windows

$RHDG_HOME\bin\server.bat -c infinispan-local.xml

17.1.5. バインドアドレス

Data Grid Server は、デフォルトでネットワーク上のループバック IP アドレス localhost にバインドします。

すべてのネットワークインターフェイスにバインドする以下の例のように、-b 引数を使用して別の IP アドレスを設定します。

Unix / Linux

$RHDG_HOME/bin/server.sh -b 0.0.0.0

Windows

$RHDG_HOME\bin\server.bat -b 0.0.0.0

17.1.6. バインドポート

Data Grid Server は、デフォルトでポート 11222 をリッスンします。

-p 引数を使用して別のポートを設定します。

Unix / Linux

$RHDG_HOME/bin/server.sh -p 30000

Windows

$RHDG_HOME\bin\server.bat -p 30000

17.1.7. クラスターリングアドレス

Data Grid Server 設定では、クラスタートランスポートが定義されているため、同じネットワーク上の複数のインスタンスが相互に検出し、自動的にクラスターを形成します。

-k 引数を使用して、クラスタートラフィックの IP アドレスを変更します。

Unix / Linux

$RHDG_HOME/bin/server.sh -k 192.168.1.100

Windows

$RHDG_HOME\bin\server.bat -k 192.168.1.100

17.1.8. クラスタースタック

JGroups スタックは、クラスタートランスポートのプロトコルを設定します。Data Grid Server は、デフォルトで tcp スタックを使用します。

クラスタートランスポートに UDP を使用する以下の例のように、-j 引数を指定して代替クラスタースタックを使用します。

Unix / Linux

$RHDG_HOME/bin/server.sh -j udp

Windows

$RHDG_HOME\bin\server.bat -j udp

17.1.9. 認証

Data Grid Server には認証が必要です。

以下のように、CLI を使用してユーザー名およびパスワードを作成します。

Unix / Linux

$RHDG_HOME/bin/cli.sh user create username -p "qwer1234!"

Windows

$RHDG_HOME\bin\cli.bat user create username -p "qwer1234!"

17.1.10. サーバーのホームディレクトリー

Data Grid Server は infinispan.server.home.path を使用して、ホストファイルシステム上のサーバーディストリビューションのコンテンツを見つけます。

$RHDG_HOME と呼ばれるサーバーのホームディレクトリーには、以下のフォルダーが含まれます。

├── bin
├── boot
├── docs
├── lib
├── server
└── static
フォルダー説明

/bin

サーバーおよび CLI を起動するスクリプトが含まれています。

/boot

サーバーを起動するための JAR ファイルが含まれます。

/docs

設定例、スキーマ、コンポーネントライセンス、およびその他のリソースを提供します。

/lib

サーバーが内部で要求する JAR ファイルが含まれます。
カスタム JAR ファイルはこのフォルダーに配置しないでください。

/server

Data Grid Server インスタンスの root フォルダーを提供します。

/static

Data Grid コンソールの静的リソースが含まれています。

17.1.11. サーバー root ディレクトリー

Data Grid Server は infinispan.server.root.path を使用して、Data Grid Server インスタンスの設定ファイルおよびデータを見つけます。

同じディレクトリーまたは別のディレクトリーに複数のサーバー root フォルダーを作成してから、以下の例に示すように -s または --server-root 引数を使用して場所を指定できます。

Unix / Linux

$RHDG_HOME/bin/server.sh -s server2

Windows

$RHDG_HOME\bin\server.bat -s server2

各サーバー roor ディレクトリーには、以下のフォルダーが含まれます。

├── server
│   ├── conf
│   ├── data
│   ├── lib
│   └── log
フォルダー説明システムプロパティーの上書き

/server/conf

サーバー設定ファイルが含まれています。

infinispan.server.config.path

/server/data

コンテナー名別に整理されたデータファイルが含まれます。

infinispan.server.data.path

/server/lib

サーバー拡張ファイルが含まれます。
このディレクトリーは再帰的にスキャンされ、クラスパスとして使用されます。

infinispan.server.lib.path
複数のパスを
: (Unix / Linux の場合)
; (Windows の場合) の区切り文字で区切ります。

/server/log

サーバーのログファイルが含まれます。

infinispan.server.log.path

17.1.12. ロギング

server/conf フォルダーの log4j2.xml ファイルを使用して、Data Grid Server のロギングを設定します。

以下のように --logging-config=<path_to_logfile> 引数を使用してカスタムパスを使用します。

Unix / Linux

$RHDG_HOME/bin/server.sh --logging-config=/path/to/log4j2.xml

ヒント

カスタムパスを確実に有効にするには、~ ショートカットを使用しないでください。

Windows

$RHDG_HOME\bin\server.bat --logging-config=path\to\log4j2.xml