Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.6. Data Grid ユーザーの作成および変更

Data Grid ユーザーの認証情報を追加し、データへのアクセスを制御するパーミッションを割り当てます。

Data Grid サーバーのインストールは、プロパティーレルムを使用して、Hot Rod エンドポイントおよび REST エンドポイントのユーザーを認証します。これは、Data Grid にアクセスする前に 1 人以上のユーザーを作成する必要があることを意味します。

デフォルトでは、ユーザーはキャッシュにアクセスして Data Grid リソースと対話するためのパーミッションを持つロールも必要です。ユーザーにロールを個別に割り当てたり、ロールパーミッションを持つグループにユーザーを追加したりすることができます。

Data Grid コマンドラインインターフェイス (CLI) の user コマンドを使用して、ユーザーを作成し、ロールを割り当てます。

ヒント

CLI セッションから help user を実行し、コマンドの詳細を取得します。

1.6.1. 認証情報の追加

Data Grid Console の admin ユーザーと、Data Grid 環境を完全に制御する必要があります。このため、初めて認証情報を追加する時に admin パーミッションを持つユーザーを作成する必要があります。

手順

  1. $RHDG_HOME でターミナルを開きます。
  2. user create コマンドで admin ユーザーを作成します。

    • admin グループに割り当てられているユーザーを追加します。

      bin/cli.sh user create myuser -p changeme -g admin
    • 暗黙的な承認を使用して admin パーティションを取得します。

      bin/cli.sh user create admin -p changeme
  3. 任意のテキストエディターで、user.properties および groups.properties を開き、ユーザーおよびグループを確認します。

    $ cat server/conf/users.properties
    
    #$REALM_NAME=default$
    #$ALGORITHM=encrypted$
    myuser=scram-sha-1\:BYGcIAwvf6b...
    
    $ cat server/conf/groups.properties
    
    myuser=admin