Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第4章 エンドポイント認証メカニズム

Data Grid Server は、Hot Rod および REST エンドポイントにカスタム SASL および HTTP 認証メカニズムを使用できます。

4.1. Data Grid Server の認証

認証は、エンドポイントへのユーザーアクセスと、Data Grid Console およびコマンドラインインターフェイス (CLI) を制限します。

Data Grid Server には、ユーザー認証を強制するデフォルトのセキュリティーレルムが含まれます。デフォルトの認証は、server/conf/users.properties ファイルに保存されているユーザー認証情報とともにプロパティーレルムを使用します。Data Grid Server はデフォルトでセキュリティー認証も有効にするため、server/conf/groups.properties ファイルに保存されているパーミッションを持つユーザーを割り当てる必要があります。

ヒント

コマンドラインインターフェイス (CLI) で user create コマンドを使用して、ユーザーを追加し、パーミッションを割り当てます。サンプルおよび詳細情報について user create --help を実行します。