Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第14章 Data Grid Server ロギングの設定

Data Grid Server は Apache Log4j 2 を使用して、トラブルシューティング目的および根本原因分析用に環境およびレコードキャッシュ操作の詳細を把握する設定可能なロギングメカニズムを提供します。

14.1. Data Grid Server のログファイル

Data Grid は、サーバーログを $RHDG_HOME/server/log ディレクトリー内の以下のファイルに書き込みます。

server.log
サーバーの起動に関連する起動ログなど、人間が判読できる形式のメッセージ。
Data Grid は、サーバーの起動時にこのファイルを作成します。
server.log.json
Data Grid ログを解析および分析できる JSON 形式のメッセージ。
JSON-FILE アペンダーを有効にすると、Data Grid はこのファイルを作成します。

14.1.1. Data Grid Server ログの設定

Data Grid は Apache Log4j テクノロジーを使用して、サーバーログメッセージを書き込みます。サーバーログを log4j2.xml ファイルで設定できます。

手順

  1. 任意のテキストエディターで $RHDG_HOME/server/conf/log4j2.xml を開きます。
  2. 必要に応じてサーバーロギングを変更します。
  3. log4j2.xml を保存し、閉じます。

14.1.2. ログレベル

ログレベルは、メッセージの性質と重大度を示します。

ログレベル説明

TRACE

粒度の細かいデバッグメッセージ。アプリケーションを介して個々のリクエストのフローをキャプチャーします。

DEBUG

個々のリクエストと関連性のない、一般的なデバッグのメッセージ。

INFO

ライフサイクルイベントを含む、アプリケーションの全体的な進捗状況に関するメッセージ。

WARN

エラーやパフォーマンスの低下につながる可能性のあるイベント。

ERROR

操作またはアクティビティーの正常な実行を妨げる可能性がありますが、アプリケーションの実行は妨げないエラー状態。

FATAL

重大なサービス障害やアプリケーションのシャットダウンを引き起こす可能性のあるイベント。

上記の個々のメッセージのレベルに加えて、この設定では、ALL (すべてのメッセージを含む) と OFF (すべてのメッセージを除外) のさらに 2 つの値を可能にします。

14.1.3. Data Grid のロギングカテゴリー

Data Grid は、機能領域ごとにログを整理する INFOWARNERRORFATAL のレベルのメッセージのカテゴリーを提供します。

org.infinispan.CLUSTER
状態遷移操作、イベントのリバランス、パーティション設定などが含まれる Data Grid クラスターリング固有のメッセージ。
org.infinispan.CONFIG
Data Grid 設定固有のメッセージ
org.infinispan.CONTAINER
有効期限とエビクション操作、キャッシュリスナーの通知、トランザクションなどを含むデータコンテナーに固有のメッセージ。
org.infinispan.PERSISTENCE
キャッシュローダーとストアに固有のメッセージ。
org.infinispan.SECURITY
Data Grid のセキュリティーに固有のメッセージ。
org.infinispan.SERVER
Data Grid Server に固有のメッセージ。
org.infinispan.XSITE
クロスサイトレプリケーション操作に固有のメッセージ。

14.1.4. ログアペンダー

ログアペンダーは、Data Grid Server がログメッセージを記録する方法を定義します。

CONSOLE
ログメッセージをホストの標準出力 (stdout) または標準エラー (stderr) ストリームに書き込みます。
デフォルトで org.apache.logging.log4j.core.appender.ConsoleAppender クラスを使用します。
FILE
ファイルにログメッセージを書き込みます。
デフォルトで org.apache.logging.log4j.core.appender.RollingFileAppender クラスを使用します。
JSON-FILE
ログメッセージを JSON 形式でファイルに書き込みます。
デフォルトで org.apache.logging.log4j.core.appender.RollingFileAppender クラスを使用します。

14.1.5. ログパターンフォーマッター

CONSOLE および FILE アペンダーは、PatternLayout を使用して、pattern に従ってログメッセージをフォーマットします。


%d{yyyy-MM-dd HH:mm:ss,SSS} %-5p (%t) [%c{1}] %m%throwable%n は、FILE アペンダーのデフォルトのパターンの例になります。

  • %d{yyyy-MM-dd HH:mm:ss,SSS} は現在の日時を追加します。
  • %-5p は、ログレベルを右揃えで指定します。
  • %t は、現在のスレッドの名前を追加します。
  • %c{1} はロギングカテゴリーの短縮名を追加します。
  • %m はログメッセージを追加します。
  • %throwable は例外スタックトレースを追加します。
  • %n は改行を追加します。

パターンについては、 PatternLayout ドキュメント で詳細に説明されています。

14.1.6. JSON ログハンドラーの有効化

Data Grid Server は、JSON 形式でメッセージを書き込むログハンドラーを提供します。

前提条件

  • Data Grid Server が実行されている場合は停止します。
    ログハンドラーは動的に有効にすることはできません。

手順

  1. 任意のテキストエディターで $RHDG_HOME/server/conf/log4j2.xml を開きます。
  2. JSON-FILE アペンダーのコメントを解除して、FILE アペンダーをコメントアウトします。

    <!--<AppenderRef ref="FILE"/>-->
    <AppenderRef ref="JSON-FILE"/>
  3. 必要に応じて、JSON アペンダーと JSON レイアウトを設定します。
  4. log4j2.xml を保存し、閉じます。

Data Grid を開始すると、各ログメッセージを JSON マップとして
$RHDG_HOME/server/log/server.log.json ファイルに書き込みます。