Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

11.3. デフォルトの JGroups スタックの使用

Data Grid は JGroups プロトコルスタックを使用するため、ノードは専用のクラスターチャネルに相互に送信できるようにします。

Data Grid は、UDP プロトコルおよび TCP プロトコルに事前設定された JGroups スタックを提供します。これらのデフォルトスタックは、ネットワーク要件向けに最適化されたカスタムクラスタートランスポート設定を構築する際の開始点として使用することができます。

手順

デフォルトの JGroups スタックの 1 つを使用するには、以下のいずれかを行います。

  • infinispan.xml ファイルの stack 属性を使用します。

    <infinispan>
      <cache-container default-cache="replicatedCache">
        <!-- Use the default UDP stack for cluster transport. -->
        <transport cluster="${infinispan.cluster.name}"
                   stack="udp"
                   node-name="${infinispan.node.name:}"/>
      </cache-container>
    </infinispan>
  • Data Grid Server の起動時に、cluster-stack 引数を使用して JGroups スタックファイルを設定します。

    bin/server.sh --cluster-stack=udp

検証

Data Grid は、以下のメッセージをログに記録して、使用するスタックを示します。

[org.infinispan.CLUSTER] ISPN000078: Starting JGroups channel cluster with stack udp

関連情報