Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

9.3. Data Grid メトリクスの設定

Data Grid は、MicroProfile Metrics API と互換性のあるメトリクスを生成します。

  • ゲージは、書き込み操作または JVM アップタイムの平均数 (ナノ秒) などの値を指定します。
  • ヒストグラムは、読み取り、書き込み、削除の時間などの操作実行時間の詳細を提供します。

デフォルトでは、Data Grid は統計を有効にするとゲージを生成しますが、ヒストグラムを生成するように設定することもできます。

手順

  1. Data Grid 設定を開いて編集します。
  2. metrics 要素またはオブジェクトをキャッシュコンテナーに追加します。
  3. gauges 属性またはフィールドを使用してゲージを有効または無効にします。
  4. histograms 属性またはフィールドでヒストグラムを有効または無効にします。
  5. クライアント設定を保存して閉じます。

メトリクスの設定

XML

<infinispan>
  <cache-container statistics="true">
    <metrics gauges="true"
             histograms="true" />
  </cache-container>
</infinispan>

JSON

{
  "infinispan" : {
    "cache-container" : {
      "statistics" : "true",
      "metrics" : {
        "gauges" : "true",
        "histograms" : "true"
      }
    }
  }
}

YAML

infinispan:
  cacheContainer:
    statistics: "true"
    metrics:
      gauges: "true"
      histograms: "true"

検証

Data Grid Server は、metrics エンドポイント経由で統計を公開します。Prometheus などの OpenMetrics 形式をサポートするモニターリングツールを使用して、メトリクスを収集できます。

Data Grid メトリクスは、vendor スコープで提供されます。JVM に関連するメトリクスは base スコープで提供されます。

以下のように、Data Grid Server からメトリクスを取得できます。

$ curl -v http://localhost:11222/metrics

MicroProfile JSON 形式でメトリクスを取得するには、以下を実行します。

$ curl --header "Accept: application/json" http://localhost:11222/metrics