Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

9.4. JMX MBean の登録

Data Grid は、統計の収集と管理操作の実行に使用できる JMX MBean を登録できます。統計を有効にする必要もあります。そうしないと、Data Grid は JMX MBean のすべての統計属性に 0 値を提供します。

手順

  1. Data Grid 設定を開いて編集します。
  2. jmx 要素またはオブジェクトをキャッシュコンテナーに追加し、enabled 属性またはフィールドの値として true を指定します。
  3. domain 属性またはフィールドを追加し、必要に応じて JMX MBean が公開されるドメインを指定します。
  4. クライアント設定を保存して閉じます。

JMX の設定

XML

<infinispan>
  <cache-container statistics="true">
    <jmx enabled="true"
         domain="example.com"/>
  </cache-container>
</infinispan>

JSON

{
  "infinispan" : {
    "cache-container" : {
      "statistics" : "true",
      "jmx" : {
        "enabled" : "true",
        "domain" : "example.com"
      }
    }
  }
}

YAML

infinispan:
  cacheContainer:
    statistics: "true"
    jmx:
      enabled: "true"
      domain: "example.com"

9.4.1. JMX リモートポートの有効化

一意のリモート JMX ポートを提供し、JMXServiceURL 形式の接続を介して Data Grid MBean を公開します。

注記

Data Grid サーバーは、単一ポートエンドポイントを使用して JMX をリモートに公開しません。JMX を介して Data Grid サーバーにリモートアクセスする場合は、リモートポートを有効にする必要があります。

次のいずれかの方法を使用して、リモート JMX ポートを有効にできます。

  • Data Grid サーバーセキュリティーレルムの 1 つに対する認証を必要とするリモート JMX ポートを有効にします。
  • 標準の Java 管理設定オプションを使用して、手動でリモート JMX ポートを有効にします。

前提条件

  • 認証付きのリモート JMX の場合、デフォルトのセキュリティーレルムを使用してユーザーロールを定義します。ユーザーが JMX リソースにアクセスするには、読み取り/書き込みアクセス権を持つ controlRole または読み取り専用アクセス権を持つ monitorRole が必要です。

手順

次のいずれかの方法を使用して、リモート JMX ポートを有効にして Data Grid サーバーを起動します。

  • ポート 9999 を介してリモート JMX を有効にします。

    bin/server.sh --jmx 9999
    警告

    SSL を無効にしてリモート JMX を使用することは、本番環境向けではありません。

  • 起動時に以下のシステムプロパティーを Data Grid サーバーに渡します。

    bin/server.sh -Dcom.sun.management.jmxremote.port=9999 -Dcom.sun.management.jmxremote.authenticate=false -Dcom.sun.management.jmxremote.ssl=false
    警告

    認証または SSL なしでリモート JMX を有効にすることは安全ではなく、どのような環境でも推奨されません。認証と SSL を無効にすると、権限のないユーザーがサーバーに接続し、そこでホストされているデータにアクセスできるようになります。