Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2. Data Grid Server エンドポイントの設定

Hot Rod および REST エンドポイントがソケットにバインドする方法を制御し、セキュリティーレルム設定を使用します。複数のエンドポイントを設定し、管理機能を無効にすることもできます。

注記

各一意のエンドポイント設定には、Hot Rod コネクターと REST コネクターの両方が含まれている必要があります。Data Grid Server は、endpoint 設定に hotrod-connector 要素と rest-connector 要素またはフィールドを暗黙的に含みます。これらの要素をカスタム設定に追加し、エンドポイントの認証メカニズムを指定する必要があります。

前提条件

  • ソケットバインディングとセキュリティーレルムを Data Grid Server 設定に追加します。

手順

  1. Data Grid Server 設定を開いて編集します。
  2. endpoints 要素で複数の endpoint 設定をラップします。
  3. エンドポイントが socket-binding 属性で使用するソケットバインディングを指定します。
  4. エンドポイントが security-realm 属性で使用するセキュリティーレルムを指定します。
  5. 必要に応じて、admin="false" 属性を使用して管理者アクセスを無効にします。

    この設定では、ユーザーはエンドポイントから Data Grid Console またはコマンドラインインターフェイス (CLI) にアクセスできません。

  6. 変更を設定に保存します。

複数のエンドポイント設定

以下の Data Grid Server 設定は、専用のセキュリティーレルムを持つ個別のソケットバインディングにエンドポイントを作成します。

XML

<server xmlns="urn:infinispan:server:13.0">
  <endpoints>
    <endpoint socket-binding="public"
              security-realm="application-realm"
              admin="false">
    </endpoint>
    <endpoint socket-binding="private"
              security-realm="management-realm">
    </endpoint>
  </endpoints>
</server>

JSON

{
  "server": {
    "endpoints": [{
      "socket-binding": "private",
      "security-realm": "private-realm"
    }, {
      "socket-binding": "public",
      "security-realm": "default",
      "admin": "false"
    }]
  }
}

YAML

server:
  endpoints:
   - socketBinding: public
     securityRealm: application-realm
     admin: false
   - socketBinding: private
     securityRealm: management-realm