Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.4. クライアント証明書を使用した承認の設定

クライアント証明書認証を有効にすると、クライアント設定で Data Grid ユーザー認証情報を指定する必要がなくなります。つまり、ロールをクライアント証明書の Common Name (CN) フィールドに関連付ける必要があります。

前提条件

  • クライアントに、公開証明書または証明書チェーンの一部 (通常は公開 CA 証明書) のいずれかが含まれる Java キーストアを提供します。
  • クライアント証明書認証を実行するように Data Grid Server を設定します。

手順

  1. Data Grid Server 設定を開いて編集します。
  2. セキュリティー承認設定で common-name-role-mapper を有効にします。
  3. クライアント証明書から Common Name (CN) に、適切な権限を持つロールを割り当てます。
  4. 変更を設定に保存します。

クライアント証明書承認設定

XML

<infinispan>
  <cache-container name="certificate-authentication" statistics="true">
    <security>
      <authorization>
        <!-- Declare a role mapper that associates the common name (CN) field in client certificate trust stores with authorization roles. -->
        <common-name-role-mapper/>
        <!-- In this example, if a client certificate contains `CN=Client1` then clients with matching certificates get ALL permissions. -->
        <role name="Client1" permissions="ALL"/>
      </authorization>
    </security>
  </cache-container>
</infinispan>

JSON

{
  "infinispan": {
    "cache-container": {
      "name": "certificate-authentication",
      "security": {
        "authorization": {
          "common-name-role-mapper": null,
          "roles": {
            "Client1": {
              "role": {
                "permissions": "ALL"
              }
            }
          }
        }
      }
    }
  }
}

YAML

infinispan:
  cacheContainer:
    name: "certificate-authentication"
    security:
      authorization:
        commonNameRoleMapper: ~
        roles:
          Client1:
            role:
              permissions:
                - "ALL"