Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.3. Data Grid Server の認証メカニズム

Data Grid Server は、セキュリティーレルム設定に一致する認証メカニズムでエンドポイントを自動的に設定します。たとえば、Kerberos セキュリティーレルムを追加すると、Data Grid Server は Hot Rod エンドポイントの GSSAPI および GS2-KRB5 認証メカニズムを有効にします。

ホットローテーションエンドポイント

Data Grid Server は、設定に対応するセキュリティーレルムが含まれている場合に Hot Rod エンドポイントの以下の SASL 認証メカニズムを有効にします。

セキュリティーレルムSASL 認証メカニズム

プロパティーレルムおよび LDAP レルム

SCRAM-*, DIGEST-*, SCRAM-*

トークンレルム

OAUTHBEARER

信頼レルム

EXTERNAL

Kerberos ID

GSSAPI、GS2-KRB5

SSL/TLS ID

PLAIN

REST エンドポイント

Data Grid Server は、設定に対応するセキュリティーレルムが含まれている場合に REST エンドポイントの以下の HTTP 認証メカニズムを有効にします。

セキュリティーレルムHTTP 認証メカニズム

プロパティーレルムおよび LDAP レルム

DIGEST

トークンレルム

BEARER_TOKEN

信頼レルム

CLIENT_CERT

Kerberos ID

SPNEGO

SSL/TLS ID

BASIC

4.3.1. SASL 認証メカニズム

Data Grid Server は、Hot Rod エンドポイントで以下の SASL 認証メカニズムをサポートします。

認証メカニズム説明セキュリティーレルムタイプ関連する詳細

PLAIN

プレーンテキスト形式の認証情報を使用します。PLAIN 認証は、暗号化された接続でのみ使用する必要があります。

プロパティーレルムおよび LDAP レルム

BASIC HTTP メカニズムと同様です。

DIGEST-*

ハッシュアルゴリズムとナンス値を使用します。ホットロッドコネクターは、強度の順に、DIGEST-MD5DIGEST-SHADIGEST-SHA-256DIGEST-SHA-384、および DIGEST-SHA-512 ハッシュアルゴリズムをサポートします。

プロパティーレルムおよび LDAP レルム

Digest HTTP メカニズムに似ています。

SCRAM-*

ハッシュアルゴリズムとナンス値に加えてソルト値を使用します。ホットロッドコネクターは、SCRAM-SHASCRAM-SHA-256SCRAM-SHA-384、および SCRAM-SHA-512 ハッシュアルゴリズムを強度順にサポートします。

プロパティーレルムおよび LDAP レルム

Digest HTTP メカニズムに似ています。

GSSAPI

Kerberos チケットを使用し、Kerberos ドメインコントローラーが必要です。対応する Kerberos サーバー ID をレルム設定に追加する必要があります。ほとんどの場合、ユーザーメンバーシップ情報を提供するために ldap-realm も指定します。

Kerberos レルム

SPNEGO HTTP メカニズムに似ています。

GS2-KRB5

Kerberos チケットを使用し、Kerberos ドメインコントローラーが必要です。対応する Kerberos サーバー ID をレルム設定に追加する必要があります。ほとんどの場合、ユーザーメンバーシップ情報を提供するために ldap-realm も指定します。

Kerberos レルム

SPNEGO HTTP メカニズムに似ています。

EXTERNAL

クライアント証明書を使用します。

トラストストアレルム

CLIENT_CERTHTTP メカニズムに似ています。

OAUTHBEARER

OAuth トークンを使用し、token-realm 設定が必要です。

トークンレルム

BEARER_TOKEN HTTP メカニズムに似ています。