Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.5. 起動時に Data Grid Server 設定を渡す

Data Grid Server の起動時にカスタム設定を指定します。

Data Grid Server は、--server-config 引数を使用して起動時にオーバーレイする複数の設定ファイルを解析できます。必要な数の設定オーバーレイファイルを任意の順序で使用できます。設定オーバーレイファイル:

  • 有効なデータグリッド設定であり、ルート server 要素またはフィールドが含まれている必要があります。
  • オーバーレイファイルの組み合わせが完全な設定になる限り、完全な設定である必要はありません。
重要

Data Grid Server は、オーバーレイファイル間の競合する設定を検出しません。各オーバーレイファイルは、前述の設定で競合する設定を上書きします。

注記

起動時にキャッシュ設定を Data Grid Server に渡した場合、これらのキャッシュはクラスター全体に動的に作成されません。キャッシュを各ノードに手動で伝播する必要があります。

さらに、起動時に Data Grid Server に渡すキャッシュ設定には、infinispan および cache-container 要素が含まれている必要があります。

前提条件

  • サーバーディストリビューションをダウンロードしてインストールします。
  • カスタムサーバー設定を Data Grid Server インストールの server/conf ディレクトリーに追加します。

手順

  1. $RHDG_HOME でターミナルを開きます。
  2. 以下のように、--server-config= または -c 引数を使用して 1 つ以上の設定ファイルを指定します。

    bin/server.sh -c infinispan.xml -c datasources.yaml -c security-realms.json