Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第11章 Data Grid クラスタートランスポートの設定

Data Grid には、ノードがクラスターに自動的に参加および離脱できるように、トランスポート層が必要です。また、トランスポート層により、Data Grid ノードはネットワーク上でデータを複製または分散し、リバランスや状態遷移などの操作を実施することができます。

11.1. デフォルトの JGroups スタック

Data Grid は、infinispan-core-13.0.10.Final-redhat-00001.jar ファイル内の default-configs ディレクトリーに、デフォルトの JGroups スタックファイル default-jgroups-*.xml を提供します。

この JAR ファイルは $RHDG_HOME/lib ディレクトリーにあります。

File nameスタック名説明

default-jgroups-udp.xml

udp

トランスポートに UDP を使用し、検出に UDP マルチキャストを使用します。(100 ノードを超える) 大規模なクラスター、またはレプリケートされたキャッシュまたは無効化モードを使用している場合に適しています。オープンソケットの数を最小限に抑えます。

default-jgroups-tcp.xml

tcp

トランスポートには TCP を使用し、検出には UDP マルチキャストを使用する MPING プロトコルを使用します。TCP はポイントツーポイントプロトコルとして UDP よりも効率的であるため、分散キャッシュを使用している場合にのみ、小規模なクラスター (100 ノード未満) に適しています。

default-jgroups-kubernetes.xml

kubernetes

トランスポートに TCP を使用し、検出に DNS_PING を使用します。UDP マルチキャストが常に利用できるとは限らない Kubernetes および Red Hat OpenShift ノードに適しています。

default-jgroups-ec2.xml

ec2

トランスポートに TCP を使用し、検出に NATIVE_S3_PING を使用します。UDP マルチキャストが利用できない Amazon EC2 ノードに適しています。追加の依存関係が必要です。

default-jgroups-google.xml

google

トランスポートに TCP を使用し、検出に GOOGLE_PING2 を使用します。UDP マルチキャストが利用できない Google Cloud Platform ノードに適しています。追加の依存関係が必要です。

default-jgroups-azure.xml

azure

トランスポートに TCP を使用し、検出に AZURE_PING を使用します。UDP マルチキャストが利用できない Microsoft Azure ノードに適しています。追加の依存関係が必要です。

関連情報