Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.7. クラスタービューの確認

同じネットワーク上の Data Grid Server インスタンスは、自動的に相互に検出し、クラスターを形成します。

ローカルで実行されている Data Grid Server インスタンスを使用して、デフォルトの TCP スタックで MPING プロトコルを使用してクラスター検出を監視するには、この手順を実行します。カスタムネットワーク要件のクラスタートランスポートを調整する場合は、Data Grid クラスターの設定に関するドキュメントを参照してください。

注記

この手順は、クラスター検出の原則を示すことを目的としており、実稼働環境を対象としていません。コマンドラインでポートオフセットを指定することは、実稼働用のクラスタートランスポートを設定するための信頼できる方法ではありません。

前提条件

Data Grid Server の 1 つのインスタンスを実行している。

手順

  1. $RHDG_HOME でターミナルを開きます。
  2. root ディレクトリーを server2 にコピーします。

    cp -r server server2
  3. ポートオフセットと server2 ディレクトリーを指定します。

    bin/server.sh -o 100 -s server2

検証

127.0.0.1:11222/console/cluster-membership のコンソールでクラスターのメンバーシップを表示できます。

Data Grid は、ノードがクラスターに参加する際に、以下のメッセージも記録します。

INFO  [org.infinispan.CLUSTER] (jgroups-11,<server_hostname>)
ISPN000094: Received new cluster view for channel cluster:
[<server_hostname>|3] (2) [<server_hostname>, <server2_hostname>]

INFO  [org.infinispan.CLUSTER] (jgroups-11,<server_hostname>)
ISPN100000: Node <server2_hostname> joined the cluster