Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

11.2. クラスター検出プロトコル

Data Grid は、ノードがネットワーク上でお互いを自動的に見つけてクラスターを形成できるようにするさまざまなプロトコルをサポートしています。

Data Grid が使用できる 2 種類の検出メカニズムがあります。

  • ほとんどのネットワークで機能する汎用検出プロトコルで、外部サービスに依存しません。
  • Data Grid クラスターのトポロジー情報を保存し、取得するために外部サービスに依存する検出プロトコル。
    たとえば、DNS_PING プロトコルは DNS サーバーレコードで検出を実行します。
注記

ホスト型プラットフォームで Data Grid を実行するには、個別のクラウドプロバイダーが課すネットワーク制約に適合する検出メカニズムを使用する必要があります。

関連情報

11.2.1. PING

PING または UDPPING は、UDP プロトコルで動的なマルチキャストを使用する一般的な JGroups 検出メカニズムです。

結合時に、ノードは IP マルチキャストアドレスに PING 要求を送信し、Data Grid クラスターにある他のノードを検出します。各ノードは、コーディネーターノードのアドレスとその独自のアドレスが含まれるパケットで PING リクエストに応答します。C はコーディネーターのアドレスで、A は自分のアドレスです。ノードが PING 要求に応答すると、結合ノードは新しいクラスターのコーディネーターノードになります。

PING 設定の例

<PING num_discovery_runs="3"/>

関連情報