3.10.4. ローカルボリュームの永続ボリューム要求(PVC) の作成

ローカルボリュームは、Pod でアクセスされる永続ボリューム要求 (PVC) として静的に作成される必要があります。

前提条件

  • 永続ボリュームがローカルボリュームプロビジョナーを使用して作成されていること。

手順

  1. 対応するストレージクラスを使用して PVC を作成します。

    kind: PersistentVolumeClaim
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: local-pvc-name 1
    spec:
      accessModes:
      - ReadWriteOnce
      volumeMode: Filesystem 2
      resources:
        requests:
          storage: 100Gi 3
      storageClassName: local-sc 4
    1
    PVC の名前。
    2
    PVC のタイプ。デフォルトは Filesystemです。
    3
    PVC に利用できるストレージの量。
    4
    要求で必要になるストレージクラスの名前。
  2. 作成したファイルを指定して、PVC を OpenShift Container Platform クラスターに作成します。

    $ oc create -f <local-pvc>.yaml