4.3.6. ボリュームスナップショットの削除

OpenShift Container Platform によるボリュームスナップショットの削除方法を設定できます。

手順

  1. 以下の例のように、VolumeSnapshotClass オブジェクトで必要な削除ポリシーを指定します。

    volumesnapshot.yaml

    apiVersion: snapshot.storage.k8s.io
    kind: VolumeSnapshotClass
    metadata:
      name: csi-hostpath-snap
    driver: hostpath.csi.k8s.io
    deletionPolicy: Delete 1

    1
    ボリュームスナップショットの削除時に Delete 値を設定すると、VolumeSnapshotContent オブジェクトと共に基礎となるスナップショットが削除されます。Retain 値を設定すると、基礎となるスナップショットと VolumeSnapshotContent オブジェクトの両方が残ります。
    Retain 値を設定し、対応する VolumeSnapshotContent オブジェクトを削除せずに VolumeSnapshot オブジェクトを削除すると、コンテンツは残ります。スナップショット自体はストレージバックエンドにも保持されます。
  2. 以下のコマンドを入力してボリュームスナップショットを削除します。

    $ oc delete volumesnapshot <volumesnapshot_name>

    出力例

    volumesnapshot.snapshot.storage.k8s.io "mysnapshot" deleted

  3. 削除ポリシーが Retain に設定されている場合は、以下のコマンドを入力してボリュームスナップショットのコンテンツを削除します。

    $ oc delete volumesnapshotcontent <volumesnapshotcontent_name>
  4. オプション: VolumeSnapshot オブジェクトが正常に削除されていない場合は、以下のコマンドを実行して残されているリソースのファイナライザーを削除し、削除操作を続行できるようにします。

    重要

    永続ボリューム要求 (PVC)またはボリュームスナップショットのコンテンツのいずれかから VolumeSnapshot オブジェクトへの既存の参照がない場合にのみファイナライザーを削除します。--force オプションを使用する場合でも、すべてのファイナライザーが削除されるまで削除操作でスナップショットオブジェクトは削除されません。

    $ oc patch -n $PROJECT volumesnapshot/$NAME --type=merge -p '{"metadata": {"finalizers":null}}'

    出力例

    volumesnapshotclass.snapshot.storage.k8s.io "csi-ocs-rbd-snapclass" deleted

    ファイナライザーが削除され、ボリュームスナップショットが削除されます。