3.8.2. hostPath ボリュームの静的プロビジョニング

hostPath ボリュームを使用する Pod は、手動の (静的) プロビジョニングで参照される必要があります。

手順

  1. 永続ボリューム (PV) を定義します。PersistentVolume オブジェクト定義を使用して pv.yaml ファイルを作成します。

      apiVersion: v1
      kind: PersistentVolume
      metadata:
        name: task-pv-volume 1
        labels:
          type: local
      spec:
        storageClassName: manual 2
        capacity:
          storage: 5Gi
        accessModes:
          - ReadWriteOnce 3
        persistentVolumeReclaimPolicy: Retain
        hostPath:
          path: "/mnt/data" 4
    1
    ボリュームの名前。この名前は永続ボリューム要求 (PVC) または Pod で識別されるものです。
    2
    永続ボリューム要求 (PVC)をこの永続ボリュームにバインドするために使用されます。
    3
    ボリュームは単一ノードで read-write としてマウントできます。
    4
    設定ファイルでは、ボリュームがクラスターのノードの /mnt/data にあるように指定します。
  2. ファイルから PV を作成します。

    $ oc create -f pv.yaml
  3. 永続ボリューム要求 (PVC) を定義します。PersistentVolumeClaim オブジェクト定義を使用して、ファイル pvc.yaml を作成します。

    apiVersion: v1
    kind: PersistentVolumeClaim
    metadata:
      name: task-pvc-volume
    spec:
      accessModes:
        - ReadWriteOnce
      resources:
        requests:
          storage: 1Gi
      storageClassName: manual
  4. ファイルから PVC を作成します。

    $ oc create -f pvc.yaml