3.5. AWS Elastic Block Store CSI ドライバー Operator

3.5.1. 概要

OpenShift Container Platform は、AWS Elastic Block Store (EBS) の Container Storage Interface (CSI) ドライバーを使用して永続ボリューム (PV) をプロビジョニングできます。

PVPersistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC)動的プロビジョニング および RBAC 認証 について理解しておくことを推奨します。

PVC を作成する前に、AWS EBS CSI ドライバー Operator をインストールする必要があります。Operator は、PVC の作成に使用できるデフォルトの StorageClass を提供します。「AWS Elastic Block Store を使用した永続ストレージ」で説明されているように、EBS StorageClass を作成するオプションもあります。

Operator のインストール後に、OpenShift Container Platform クラスターに必要な AWS EBS CSI カスタムリソース (CR) も作成する必要があります。

重要

AWS EBS CSI ドライバー Operator はテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

3.5.2. CSI について

ストレージベンダーはこれまで Kubernetes の一部としてストレージドライバーを提供してきました。Container Storage Interface (CSI) の実装では、サードパーティーのプロバイダーは、コア Kubernetes コードを変更せずに標準のインターフェースを使用してストレージプラグインを提供できます。

CSI Operator は、in-tree (インツリー) ボリュームプラグインでは不可能なボリュームスナップショットなどのストレージオプションを OpenShift Container Platform ユーザーに付与します。

重要

OpenShift Container Platform は、AWS EBS ストレージをプロビジョニングするためにデフォルトで in-tree(インツリー) または CSI 以外のドライバーの使用に設定されます。この in-tree (インツリー) ドライバーは、OpenShift Container Platform の後続の更新で削除されます。その時点で、既存の in-tree (インツリー) ドライバーを使用してプロビジョニングされるボリュームが CSI ドライバーへの移行用に予定されます。

OpenShift Container Platform での AWS EBS 永続ボリュームの動的プロビジョニングに関する詳細は、「AWS Elastic Block Store を使用した永続ストレージ」を参照してください。

3.5.3. AWS Elastic Block Store CSI ドライバー Operator のインストール

AWS Elastic Block Store (EBS) Container Storage Interface (CSI) ドライバー Operator により、既存の AWS EBS in-tree (インツリー) ストレージプラグインを置き換えることができます。

重要

AWS EBS CSI ドライバー Operator はテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。

AWS EBS CSI ドライバー Operator をインストールすると、OpenShift Container Platform の PersistentVolumeClaimsPersistentVolumes、および StorageClasses API オブジェクトで CSI ボリュームを使用できるように CSI ドライバーが提供されます。また、Persistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC) の作成に使用できる StorageClass もデプロイします。

AWS EBS CSI ドライバー Operator はデフォルトでは OpenShift Container Platform にインストールされません。以下の手順を使用してこの Operator をインストールし、クラスター内で AWS EBS CSI ドライバーを有効にできるように設定します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform Web コンソールへのアクセス。

手順

Web コンソールから AWS EBS CSI ドライバー Operator をインストールするには、以下を実行します。

  1. Web コンソールにログインします。
  2. OperatorsOperatorHub に移動します。
  3. AWS EBS CSI ドライバー Operator を見つけるには、AWS EBS CSI をフィルターボックスに入力します。
  4. Install をクリックします。
  5. Install Operator ページで、All namespaces on the cluster(default) が選択されていることを確認します。Installed Namespace ドロップダウンメニューから openshift-aws-ebs-csi-driver-operator を選択します。
  6. Update Channel および Approval Strategy の値を必要な値に調整します。
  7. Install をクリックします。

これが終了すると、AWS EBS CSI ドライバー Operator が Web コンソールの Installed Operators セクションに一覧表示されます。

3.5.4. AWS Elastic Block Store CSI ドライバーのインストール

AWS Elastic Block Store (EBS) Container Storage Interface (CSI) ドライバーは、AWS EBS 永続ボリュームを作成し、マウントできるカスタムリソース (CR) です。

このドライバーは、デフォルトでは OpenShift Container Platform にインストールされず、AWS EBS CSI ドライバー Operator のインストール後にインストールする必要があります。

前提条件

  • AWS EBS CSI ドライバー Operator がインストールされている。
  • OpenShift Container Platform Web コンソールへのアクセスが必要です。

手順

Web コンソールから AWS EBS CSI ドライバーをインストールするには、以下の手順を実行します。

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールにログインします。
  2. OperatorsInstalled Operators に移動します。
  3. 一覧から AWS EBS CSI Driver Operator を見つけ、Operator リンクをクリックします。
  4. ドライバーを作成します。

    1. Details タブで、Create Instance をクリックします。
    2. オプション: YAML view を選択し、表記の追加などの変更をドライバーオブジェクトテンプレートに対して実行します。
    3. Create をクリックして確定します。

      重要

      クラスターの名前を変更し、特定の namespace を指定することはサポートされる機能ではありません。

3.5.5. AWS Elastic Block Store CSI ドライバー Operator のアンインストール

AWS EBS CSI ドライバー Operator をアンインストールする前に、Operator によって使用されるすべての Persistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC) を削除する必要があります。

前提条件

  • OpenShift Container Platform Web コンソールへのアクセス。

手順

Web コンソールから AWS EBS CSI ドライバー Operator をアンインストールするには、以下を実行します。

  1. Web コンソールにログインします。
  2. StoragePersistent Volume Claims に移動します。
  3. AWS EBS CSI ドライバー Operator によって使用される PVC を選択し、Delete をクリックします。
  4. OperatorsInstalled Operators ページからスクロールするか、または AWS EBS CSIFilter by name フィールドに入力して Operator を見つけます。次に、それをクリックします。
  5. Installed Operators 詳細ページの右側で、Actions ドロップダウンメニューから Uninstall Operator を選択します。
  6. Uninstall Operator ウィンドウでプロンプトが表示されたら、Uninstall ボタンをクリックして namespace から Operator を削除します。Operator によってクラスターにデプロイされたアプリケーションは手動でクリーンアップする必要があります。

これが終了すると、AWS EBS CSI ドライバー Operator が Web コンソールの Installed Operators セクションに一覧表示されなくなります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。