4.5. AWS Elastic Block Store CSI ドライバー Operator

4.5.1. 概要

OpenShift Container Platform は、AWS Elastic Block Store (EBS) の Container Storage Interface (CSI) ドライバーを使用して永続ボリューム (PV) をプロビジョニングできます。

PV、PersistentVolume Claim(永続ボリューム要求、PVC) 、動的プロビジョニング および RBAC 認証 について理解しておくことを推奨します

PVC を作成する前に、AWS EBS CSI ドライバー Operator をインストールする必要があります。Operator は、PVC の作成に使用できるデフォルトの StorageClass を提供します。「AWS Elastic Block Store を使用した永続ストレージ」で説明されているように、EBS StorageClass を作成するオプションもあります

Operator のインストール後に、OpenShift Container Platform クラスターに必要な AWS EBS CSI カスタムリソース (CR) も作成する必要があります。

重要

AWS EBS CSI ドライバー Operator はテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。