4.3. サポートされているドライバーでの FlexVolume の拡張

FlexVolume を使用してバックエンドストレージシステムに接続する場合は、永続ストレージボリュームを作成後に拡張することができます。これは、OpenShift Container Platform で Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)を手動で更新して実行できます。

FlexVolume は、ドライバーが RequiresFSResizetrue の状態で設定されている場合に拡張を許可します。FlexVolume は、Pod の再起動時に拡張できます。

他のボリュームタイプと同様に、FlexVolume ボリュームは Pod によって使用される場合にも拡張できます。

前提条件

  • 基礎となるボリュームドライバーがサイズ変更をサポートする。
  • ドライバーは RequiresFSResize 機能が true の状態で設定されている。
  • 動的プロビジョニングが使用される。
  • 制御する側の StorageClass には allowVolumeExpansiontrue に設定されている。

手順

  • FlexVolume プラグインのサイズ変更を使用するには、以下の方法で ExpandableVolumePlugin インターフェースを実装する必要があります。

    RequiresFSResize
    true の場合、容量を直接更新します。false の場合、ExpandFS メソッドを呼び出し、ファイルシステムのサイズ変更を終了します。
    ExpandFS
    true の場合、ExpandFS を呼び出し、物理ボリュームの拡張の実行後にファイルシステムのサイズを変更します。ボリュームドライバーは、ファイルシステムのサイズ変更と共に物理ボリュームのサイズ変更も実行できます。
重要

OpenShift Container Platform はマスターノードへの FlexVolume プラグインのインストールをサポートしないため、FlexVolume のコントロールプレーンの拡張をサポートしません。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。