Menu Close

2.5. ブロックボリュームのサポート

OpenShift Container Platform は、raw ブロックボリュームを静的にプロビジョニングできます。これらのボリュームにはファイルシステムがなく、ディスクに直接書き込むアプリケーションや、独自のストレージサービスを実装するアプリケーションにはパフォーマンス上の利点があります。

raw ブロックボリュームは、PV および PVC 仕様で volumeMode: Block を指定してプロビジョニングされます。

重要

raw ブロックボリュームを使用する Pod は、特権付きコンテナーを許可するように設定する必要があります。

以下の表は、ブロックボリュームをサポートするボリュームプラグインを表示しています。

表2.4 ブロックボリュームのサポート

ボリュームプラグイン手動のプロビジョニング動的なプロビジョニング完全対応

AWS EBS

Azure Disk

Azure File

   

Cinder

 

ファイバーチャネル

  

GCP

HostPath

   

iSCSI

 

ローカルボリューム

 

NFS

   

Red Hat OpenShift Container Storage

VMware vSphere

注記

手動でプロビジョニングできるものの、完全にサポートされていないブロックボリュームはいずれも、テクノロジープレビューとしてのみ提供されます。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

2.5.1. ブロックボリュームの例

PV の例

apiVersion: v1
kind: PersistentVolume
metadata:
  name: block-pv
spec:
  capacity:
    storage: 10Gi
  accessModes:
    - ReadWriteOnce
  volumeMode: Block 1
  persistentVolumeReclaimPolicy: Retain
  fc:
    targetWWNs: ["50060e801049cfd1"]
    lun: 0
    readOnly: false

1
volumeModeBlock に設定して、この PV が raw ブロックボリュームであることを示します。

PVC の例

apiVersion: v1
kind: PersistentVolumeClaim
metadata:
  name: block-pvc
spec:
  accessModes:
    - ReadWriteOnce
  volumeMode: Block 1
  resources:
    requests:
      storage: 10Gi

1
volumeModeBlock に設定して、raw ブロック PVC が要求されていることを示します。

Pod 仕様の例

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: pod-with-block-volume
spec:
  containers:
    - name: fc-container
      image: fedora:26
      command: ["/bin/sh", "-c"]
      args: [ "tail -f /dev/null" ]
      volumeDevices:  1
        - name: data
          devicePath: /dev/xvda 2
  volumes:
    - name: data
      persistentVolumeClaim:
        claimName: block-pvc 3

1
volumeMounts ではなくvolumeDevices がブロックデバイスに使用されます。PersistentVolumeClaim ソースのみを raw ブロックボリュームと共に使用できます。
2
mountPath ではなく devicePath が raw ブロックがシステムにマップされる物理デバイスへのパスを表します。
3
ボリュームソースのタイプは persistentVolumeClaim であり、予想通りに PVC の名前に一致する必要があります。

表2.5 volumeMode の許容値

デフォルト

Filesystem

Yes

Block

No

表2.6 ブロックボリュームのバインディングシナリオ

PV volumeModePVC volumeModeバインディングの結果

Filesystem

Filesystem

バインド

Unspecified

Unspecified

バインド

Filesystem

Unspecified

バインド

Unspecified

Filesystem

バインド

Block

Block

バインド

Unspecified

Block

バインドなし

Block

Unspecified

バインドなし

Filesystem

Block

バインドなし

Block

Filesystem

バインドなし

重要

値を指定しないと、Filesystem のデフォルト値が指定されます。