4.4. CSI ボリュームのクローン作成

ボリュームのクローン作成により、既存の永続ボリュームが複製されます。これは OpenShift Container Platform におけるデータ損失からの保護に役立ちます。この機能は、サポートされている Container Storage Interface (CSI) ドライバーでのみ利用できます。CSI ボリュームのクローンをプロビジョニングする前に、永続ボリュームについて理解しておく必要があります

4.4.1. CSI ボリュームのクローン作成の概要

Container Storage Interface (CSI) ボリュームのクローンは、特定の時点における既存の永続ボリュームの複製です。

ボリュームのクローン作成はボリュームのスナップショットに似ていますが、より効率的な方法です。たとえば、クラスター管理者は、既存のクラスターボリュームの別のインスタンスを作成してクラスターボリュームを複製できます。

クローン作成により、バックエンドのデバイスでは、新規の空のボリュームが作成されるのではなく、指定したボリュームの複製が作成されます。動的プロビジョニングの後には、標準のボリュームを使用するのと同じように、ボリュームのクローンを使用できます。

クローン作成に必要な新しい API オブジェクトはありません。PersistentVolumeClaim オブジェクトの既存の dataSource フィールドは、同じ namespace の既存の PersistentVolumeClaim の名前を許可できるように拡張されます。

4.4.1.1. サポートの制限

デフォルトで、OpenShift Container Platform は以下の制限の下で CSI ボリュームのクローン作成をサポートします。

  • 宛先永続ボリューム要求 (PVC) はソース PVC と同じ namespace に存在する必要があります。
  • ソースストレージおよび宛先ストレージクラスは同じである必要があります。
  • サポートは CSI ドライバーでのみ利用可能です。in-tree (インツリー) および FlexVolumes はサポートされません。
  • OpenShift Container Platform には CSI ドライバーが含まれません。コミュニティーまたはストレージベンダー が提供する CSI ドライバーを使用します。CSI ドライバーの提供されるインストール手順に従います。
  • CSI ドライバーは、ボリュームのクローン作成機能を実装していない可能性もあります。詳細は、CSI ドライバーのドキュメントを参照してください。
  • OpenShift Container Platform 4.5 は、CSI 仕様のバージョン 1.1.0 をサポートします